55位:以前の輝きはどこへ…</h2>

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

FW:興梠慎三(元日本代表/浦和レッズ)
生年月日:1986年7月31日(35歳)
市場価格:110万ユーロ(約1.3億円)
20/21リーグ戦成績:30試合出場/10得点0アシスト

 Jリーグ屈指のストライカーと言えばこの男は外せないだろう。高校卒業後、鹿島アントラーズに加入した興梠慎三は、持ち前の高い決定力を武器にすぐに主力に定着した。オズワルド・オリヴェイラ監督の下で史上初のJリーグ3連覇に貢献。2009シーズンには自身初の2桁得点を決めるなど、目覚ましい活躍を続けたこのFWの市場価値は、一気に上昇していった。

 しかし、その後はパフォーマンスに波もあり、徐々に価格は下落したが、2013年に浦和レッズに移籍すると再び輝きを取り戻した。16/17シーズンには、同クラブ2度目のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に貢献。Jリーグでも7シーズン連続で2桁得点を記録した興梠は、2019年に自己最高となる200万ユーロ(約2.4億円)を記録した。

 だが、昨季は新型コロナウイルスなどの影響により下落。今季はリーグ戦16試合1得点とパフォーマンスを落としたことで、市場価値は110万ユーロ(約1.3億円)まで急降下している。今年で35歳とすでにキャリア終盤を迎えているが、再び輝きを取り戻すことは出来るだろうか。 

54位:突如現れた超新星</h2>

MF:坂元達裕(日本代表/セレッソ大阪)
生年月日:1996年10月22日(25歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:33試合出場/2得点9アシスト

 2019年に鮮烈なデビューを果たした超新星。坂元達裕は、大学卒業後にモンテディオ山形に加入すると、すぐにスタメンに定着した。リーグ戦全42試合に出場し、卓越したテクニックと鋭い切り返しを活かしたドリブルでJ2を無双。7得点4アシストを記録し、一気に評価を高めた坂本は、翌年にセレッソ大阪に移籍している。

 セレッソ大阪でもすぐにスタメンに定着した坂本は、J1でもその実力を証明。1年目からリーグ戦33試合に出場し、2得点9アシストを記録している。今季も活躍し続けているこの天才ドリブラーは、Jリーグ公式チャンネルによると、今年6月10日時点でドリブル成功回数ランキング5位。ドリブル回数は56回、その内30回を成功させている。

 突如現れたこの超新星は一気に評価を高め、今年6月には日本代表に初招集。FIFAワールドカップカタール2020・アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選、タジキスタン戦で代表デビューを飾った。デビュー後、活躍し続けるこの男は、2年間で市場価値が約117万ユーロ(約1.4億円)上昇。一気に価格が上がったが、これからさらに上昇することは間違いないだろう。

53位:才能が開花したチャンスメーカー</h2>

MF:森島司(日本/サンフレッチェ広島)
生年月日:1997年4月25日(24歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場/5得点2アシスト

 名古屋グランパスの下部組織出身の森島司は、ユースには昇格せず、高校進学を選択。世代別代表にも選出された森島は、卒業後にサンフレッチェ広島に加入した。しかし、加入後はトップ下を主戦場とするも、サイドやボランチでプレー。慣れないポジションで結果も出せず、2018シーズンにはリーグ戦出場1試合のみと出場機会が減少した。 
 
 だが、城福浩が監督に就任すると状況が好転する。城福監督の下、本来のポジションを任されると才能が開花した。DF間でボールを受け、狭いスペースでも華麗なテクニックと素早い状況判断で打開できるこのMFは、Jリーグ屈指のチャンスメーカーに成長。市場価値も一気に85万ユーロ(約1億円)上昇した。 

 今季からは10番を背負い、プレースキッカーを任されるなど、サンフレッチェ広島の中心選手としてチームを牽引している。一度は下落した市場価値も、自己最高の120万ユーロ(約1.4億円)に戻っている。だが、ここで止まる選手ではない。24歳とまだ若い森島の活躍はまだまだこれからだ。市場価値はここからさらに上昇していくだろう。

52位:次代を担う日本代表FW</h2>

FW:オナイウ阿道(日本代表/トゥールーズ)
生年月日:1995年11月8日(25歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:24試合出場/4得点5アシスト(横浜F・マリノス)

 ナイジェリアの父と日本人の母の間に生まれたオナイウ阿道は、高校卒業後にジェフユナイテッド千葉に加入。2年目にはスタメンに定着したが、2016年にはU-23日本代表に選出させ、AFC U-23選手権2016を優勝した。リオデジャネイロ五輪出場権獲得に貢献したが、本大会メンバーからは落選。バッグアップメンバーとしてチームに帯同した。

 大会後、ジェフユナイテッド千葉に復帰したオナイウ阿道は、クラブでも出場機会が減少。しかし、得点は前シーズンの倍の6点を記録した。その後は浦和レッズ、横浜F・マリノスに移籍。今季リーグ戦20試合12得点と覚醒したこのFWは、7月にフランスのトゥールーズに移籍を果たした。

 初の欧州挑戦ながら、オナイウ阿道はリーグ・ドゥ(2部相当)で鮮烈なデビューを飾っている。第5節からリーグ戦4試合連続ゴール。4試合5得点の活躍を見せ、現地ファンを驚かせた。現在の市場価値は、120万ユーロ(約1.4億円)となっているが、その活躍から価格が上昇することは間違いない。好調を維持し、さらに活躍できれば、さらなるステップアップも見えてくるだろう。今後の欧州トップクラブへのステップアップ、日本を代表するストライカーへの成長を期待したい。

51位:リーグ2位を記録したのは…</h2>

DF:松田陸(日本/セレッソ大阪)
生年月日:1991年7月24日(30歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:31試合出場/1得点2アシスト

 松田陸は、高校在学時にFWからサイドバックにコンバートされると才能が開花した。大学3年次にはFC東京の特別指定選手に登録され、翌年に同クラブへ正式に加入。1年目のリーグ戦第10節、名古屋グランパス戦でJ1デビューを果たすと、第30節のガンバ大阪戦でプロ初ゴールを決めた。

 しかし、FC東京ではスタメンに定着できず、2016年に当時J2のセレッソ大阪に移籍した。すると、1年目からリーグ戦全試合にスタメン出場。自己最多の7アシストを記録し、J1昇格に大きく貢献した。J1昇格後、2017年に天皇杯と JリーグYBCルヴァンカップの2冠、翌年には富士ゼロックス スーパーカップを獲得と、好調なチームを支えた松田の市場価値は、2019年12月に自己最高の150万ユーロ(約1.8億円)を記録している。

 その後4ヵ月で下落しているが、現在は120万ユーロ(約1.4億円)で落ち着いている。今季で30歳を迎えているが、決してパフォーマンスが落ちているわけではない。Jリーグ公式サイトによれば、現時点で松田の1試合平均クロス数はリーグ2位の4.6を記録。豊富な運動量と精度の高いキックでセレッソ大阪を攻守両面で支えている。