アジアサッカー連盟(AFC)は28日、AFC女子アジアカップ2022の組み合わせ抽選を行った。女子日本代表(なでしこジャパン)は、韓国代表と同じ組に入っている。

 なでしこジャパンが2連覇中のAFC女子アジアカップは、今回からスケールアップ。これまで8ヶ国だった出場チームが12ヶ国に拡大されて行われる。

 FIFAランキング13位のなでしこジャパンは、グループCに入った。韓国(18位)、ベトナム(32位)、ミャンマー(46位)と同じ組だ。グループステージ各組上位2チームと、3位のうち成績上位2チームが決勝トーナメントに進める。

 AFC女子アジアカップ2022は、2023年の女子ワールドカップ予選を兼ねており、開催国のオーストラリアを除いた上位5チームが本大会出場権を得られるレギュレーションだ。