大宮アルディージャは28日、FW矢島輝一が負傷で長期離脱となることを発表した。

 矢島は24日のトレーニングマッチで負傷した。検査の結果、右ひざ前十字じん帯の損傷と診断され、全治6〜8カ月と見込まれている。

 矢島は5月に右足の内転筋を損傷して戦列を離脱。それまでに今季のJ2で10試合に出場し、1ゴールを記録していた。