29年目を迎えたJリーグでは、これまでにさまざまな選手がピッチに立ってきた。今回は、京都サンガに所属した選手で最も多くJリーグの試合に出場した外国人選手を紹介する。※成績はJリーグ通算

—————–

5位:2年連続得点王を狙う現エース

ピーター・ウタカ(ナイジェリア)
生年月日:1984年2月12日
Jリーグ通算出場数:78試合
在籍時期:2020-

 京都サンガの歴代外国人最多出場ランキング4位は、ピーター・ウタカだ。これまで78試合に出場している。

 2016年にサンフレッチェ広島で19ゴールを挙げてJ1得点王になったウタカは、2020年に京都サンガに加入。その1年目で22ゴールを決め、J2得点王となった。

 今季も順調にゴールを重ねるウタカは、ここまで21ゴールを記録。22ゴールを決めているジュビロ磐田のルキアンと得点王争いを続けているところだ。

4位:今季全試合フルタイム出場

ヨルディ・バイス(オランダ)
生年月日:1988年12月28日
Jリーグ通算出場数:79試合
在籍時期:2020-

 ヨルディ・バイスが京都サンガの歴代外国人最多出場ランキング4位だ。2020年の加入でこれまで80試合に出場している。

 オランダ人のバイスは、名門フェイエノールトの下部組織出身。オランダの世代別代表の経験した優秀な若手だ。長くオランダでプレーしたあと、ルーマニアとオーストラリアでの経験をへて、2018年から日本のピッチに立っている。

 昨年京都サンガに加わったバイスは、今季ここまで全試合フルタイム出場。チームの堅守を支える一人であり、ゴールも5つ決めている。

3位:長く日本で活躍したブラジル人

シジクレイ(ブラジル)
生年月日:1972年5月13日
Jリーグ通算出場数:82試合
在籍時期:1999, 2008-09

 京都サンガの歴代外国人最多出場ランキング3位は、シジクレイだ。2度にわたる在籍で合計82試合に出場した。

 ブラジルの日系クラブでプレーしたあと、1997年に当時JFLだったモンテディオ山形に加入したシジクレイは、1999年に京都で1年間プレー。その後、大分トリニータ、ヴィッセル神戸、ガンバ大阪とJリーグで長く活躍したあと、2008年に復帰を果たした。

 9シーズンぶりに京都サンガに戻ってきたシジクレイは、2シーズンプレーしてブラジルに帰国。Jリーグ通算の出場試合数は289試合出場だ。

2位:J2得点王

パウリーニョ(ブラジル)
生年月日:1982年7月16日
Jリーグ通算出場数:127試合
在籍時期:2005-09

 パウリーニョが京都サンガの歴代外国人最多出場ランキング2位だ。5シーズンにわたって所属し、127試合に出場した。

 ブラジル人のパウリーニョは、ブラジル、サウジアラビア、メキシコでプレーしたあと、2005年に京都サンガに加入。その1年目から躍動し、J2で22ゴールを挙げて得点王となり、クラブを昇格に導いた。

 翌年はJ1で14ゴール、2007年はJ2に戻ってキャリアハイの24ゴールを挙げている。しかし、2008年にアキレス腱断裂の重傷を負ってほぼ1シーズンを棒に振ると、2009年は出場機会に恵まれなかった。

1位:ストイコビッチが縁で日本にきた守備の柱

ミロシュ・バヤリッツァ(セルビア)
生年月日:1981年12月15日
Jリーグ通算出場数:131試合
在籍時期:2012-15

 京都サンガの歴代外国人最多出場記録は、ミロシュ・バヤリッツァの131試合だ。2012年から4シーズンにわたってプレーした。

 セルビア人のバヤリッツァは、2008年に名古屋グランパスに加入。ドラガン・ストイコビッチの縁で日本にやってきた。その後、中国でのプレーをへて、2012年に京都サンガに加入して、守備の柱として活躍した。

 DFでありながら毎年ゴールも決めており、攻撃面でも京都サンガに貢献している。