マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードは、昨季に続いて1月にチームを離れるのかもしれない。ニューカッスルがレンタルでの獲得に向けた交渉を行っていると報じられている。

 昨季は冬にレンタルされたウェスト・ハムで大活躍を見せ、イングランド代表復帰も果たしたリンガードだが、ユナイテッドに残留した今季は再び苦しい状況。今季プレミアリーグで先発出場は一度もなく、9回の交代出場はいずれも短時間のプレーのみとなっている。

 今季末にはユナイテッドとの現在の契約が満了するため、夏に退団する可能性は高いと予想される。だが英紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』などが報じたところによれば、ニューカッスルは1月の獲得に向けて交渉を行っているとのことだ。

 ニューカッスルはレンタル料の支払いに加えて、週給10万ポンド(約1560万円)とされるリンガードの報酬も全額負担する意思を示しているという。順位争いの直接のライバルにはならないこともあり、ユナイテッドがレンタルに応じる可能性はあると見込まれている。

 プレミアリーグで下位に低迷するニューカッスルは残留に向けて積極補強を試みている状況。リンガードにとっては、友人であるDFキーラン・トリッピアーが加入したこともニューカッスル行きへの後押しになると予想されている。

 ニューカッスルはレンタル終了後、ユナイテッドとの契約を終えたリンガードをフリーで獲得することも想定しているとみられる。また、トッテナムも来季のリンガード獲得に関心を示していると伝えられている。