UEFAの公式SNSが、リバプール時代のFWフィリッペ・コウチーニョのスーパーゴールを紹介した。

 この冬にバルセロナからアストン・ヴィラに移籍してイングランドに戻ってきたコウチーニョ。リバプール時代は、圧倒的な存在だった。

 2016年のヨーロッパリーグでマンチェスター・ユナイテッドと同国対決に望んだリバプール。ホームでのファーストレグを2-0で終えていたリバプールは、敵地でのセカンドレグでコウチーニョが勝負を決めた。

 左サイドでボールを受けた10番は、得意の間合いから軽やかなドリブルを仕掛けると、急激なスピードの変化でシンプルに突破。ゴールライン際をえぐり、ゴール前でチップキック。憎いほど冷静に、GKデ・ヘアの裏をかいた。

 アストン・ヴィラに移籍してすぐにゴールを決め、好スタートを切ったコウチーニョ。またリバプール時代のような輝きがみられることに期待したい。