新年一発目の試合

 日本代表は27日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選で中国代表と対戦する。これが森保ジャパンにとって2022年初の公式戦ということになるが、そんな重要な一戦で果たしてどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。

—————————–

 いよいよ、森保一監督率いる日本代表が2022年の初陣を迎える。

 対戦相手は中国代表だ。同国はここまでFIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選で6試合1勝2分3敗の成績を残しているなど、グループリーグ内では「下」に位置している。そのため、ホームで今回の一戦に臨む日本代表には勝ち点3獲得はもちろんのこと、得失点を上げることも求められる。

 では、ここからはそんな中国代表に向けたスタメン案を紹介していきたい。フォーメーションは4-3-3ではなく、より攻撃的な4-2-3-1で臨むことを推奨する。

 GKはここまでアジア最終予選全試合でゴールマウスを守っている権田修一で問題ないだろう。

 吉田麻也、さらに冨安健洋という森保ジャパンの二大巨頭を欠くセンターバックにはシャルケで活躍する板倉滉、そしてJリーグ王者・川崎フロンターレで不動の地位を築く谷口彰悟を推したい。

 右サイドバックは山根視来。谷口との関係性が良いことはもちろん、ある程度攻める時間が増えると思われる中で、同選手の非凡な攻撃センスは必ず活きてくると考える。

 そして左サイドバックには中山雄太を推す。

 後半に入り長友佑都と中山を交代させるという森保監督のベンチワークがここ最近は定番のようになってきているが、果たしてそれが効果的かというと疑問符がつく。それならば、将来性のある中山をスタートから使った方がよほどいいだろう。

気になる2列目の人選は…

 中盤底には田中碧と守田英正を置きたい。これまでほぼ無休で働き続けてきた遠藤航には、サウジアラビア代表との一戦でフル稼働してほしいところだ。

 そしてトップ下にはマジョルカに所属する久保建英を推す。ボールを持った際のアイデアや創造性は流石で、サイドよりも中央の方がより多くの選択肢を持ちながらプレーできるはず。ゴールやアシストに期待したいところだ。

 右サイドハーフにはPSVで居場所を築きつつある堂安律を推薦する。その力強さとゴールに向かう積極性は必ずや中国代表の脅威になるはず。昨夏の東京五輪(東京オリンピック)でも証明された通り久保との相性も良いので、今回の試合でもそうしたところで日本の攻撃を活性化させてほしいところだ。

 左サイドは日本代表の課題の一つとなっている。これまで南野拓実の起用がほとんどだったが、うまくハマっているとは言い難い。また今シリーズでは日本屈指のドリブラーである三笘薫も不在と、悩ましい人選になっている。

 そこで、伊東純也を左に回すというのはどうだろうか。ご存知の通り日本代表では右が主戦場だが、所属するヘンクでは過去に左で使われ続けていた時期もあり、ベルギーメディアからも高い評価を得ていた。また昨年11月のベトナム代表戦では鋭いカットインから幻のゴールも生んでいるなど、問題となっている左サイドで試せば面白そうな人材であることは間違いない。

 そしてワントップには南野を置く。やはり同選手のストロングポイントが表れやすいのはサイドよりも中央だろう。最前線からのインテンシティーの高い守備や、トップ下に推す久保との流動的な縦関係にも期待できる。リバプールでは良いテンポでゴールを奪っているが、日本代表では果たして。

▽GK
権田修一

▽DF
山根視来
谷口彰悟
板倉滉
中山雄太

▽MF
田中碧
守田英正
堂安律
久保建英
伊東純也

▽FW
南野拓実