リバプールは、ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラをフリーで獲得しようとしているのかもしれない。交渉を開始したとも報じられている。

 ユベントスの主力として活躍を続け、背番号10も背負うディバラだが、現在の契約は今季末までで満了する。延長に向けた交渉は合意に達しておらず、このまま退団を迎えることになるとも予想されている。

 イタリアでの報道を元に英国複数メディアが伝えたところによれば、ディバラが夏にフリーで獲得可能になる場合に備え、リバプールも動き出したとのこと。ディバラの代理人に接触し、契約の可能性を探っているという。

 ディバラ自身もリバプールへの移籍に応じる意思があるとされている。ユベントスとの契約延長の可能性も消えてはいないが、フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホヴィッチの加入が濃厚となっていることも影響するかもしれない。

 ディバラに対してはインテルもすでに獲得に向けた動きを見せていると報じられている。今後の数ヶ月でどのような動きを見せるのだろうか。