プレミアリーグ第38節、マンチェスター・シティ対アストン・ヴィラが現地時間22日に行われた。この試合では、ロドリが優勝を手繰り寄せる同点ゴールを決めている。

 ホームにアストン・ヴィラを迎えたマンCは、37分、69分に失点。リーグ優勝のかかった一戦で0-2の絶望的な状況に追い込まれてしまった。

 しかし、76分に途中出場のイルカイ・ギュンドガンが反撃の狼煙となるゴールを奪うと、その2分後にロドリが続く。

 ペナルティーエリア左脇でオレクサンドル・ジンチェンコが相手DFを抜き去ると、ペナルティーエリア手前でフリーになっていたロドリにパスを送る。これを背番号16がダイレクトシュート。ゴールにパスするかのような丁寧なシュートは鋭いコースを抜き、ゴール右下隅に決まった。

 これで同点に追い付くと、81分にギュンドガンが逆転ゴール。わずか6分で試合をひっくり返し、マンCが奇跡的なプレミアリーグ優勝を果たした。