プレミアリーグ第2節、アーセナル対レスターが現地時間13日に行われ、4-2でホームチームが勝利している。この試合では、アーセナルの背番号9があまりにも美しいゴールを奪った。

 2016/17シーズン以来となるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指すアーセナルはこれで開幕2連勝。試合後にはミケル・アルテタ監督も「本当に嬉しいし、素晴らしいパフォーマンスだった」と満足感を示していた。

 そんなレスター戦で勝利の立役者となったのが、今夏マンチェスター・シティから加入したFWガブリエル・ジェズスだ。この試合で奪った4得点すべてに直接絡むなど、文句なしの活躍だった。

 最大のハイライトとなったのは、23分のシーンだ。

 ジェズスは左サイドでボールを持つと、ガブリエル・マルティネッリにパス。そこからグラニト・ジャカを経由してボックス内で再びボールを受けると、レスターDFに囲まれながらコントロールショット。美しい放物線を描いたボールはGKダニー・ウォードの頭上を超え、ファーサイドのネットに突き刺さった。

 まさに、卓越したテクニックを持つジェズスだからこそ繰り出せたワールドクラスのシュートだ。アーセナルの新エースは、今後も得点を量産するだろうか。