セルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスに、プレミアリーグから複数のクラブが関心を示しているとも報じられている。昨季得点王にも輝いたFWが移籍する可能性もあるのだろうか。

 ギアクマキスは前年にオランダリーグ得点王に輝いたあと昨年夏にセルティックに加入。セルティックでも古橋亨梧の負傷の穴を埋める形でシーズン後半戦に重要な得点源となり、最終的に古橋を1点上回ってスコットランドリーグでも得点王となった。

 2年連続でリーグ得点王に輝いたギアクマキスには、隣国イングランドからも関心が寄せられているようだ。移籍市場の専門家ファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えたところによれば、ここ数日でプレミアリーグの複数クラブがギアクマキスの獲得に向けてセルティックと接触しているという。

 だがセルティックにとってはギアクマキスは「アンタッチャブル」な「キープレーヤー」であり、クラブとしては放出の意思は全くないとのこと。ギアクマキス自身もセルティック残留を望んでいるとみられている。

 古橋や前田大然にとってはセルティックの前線で出場機会を争うライバルであると同時に、心強い味方でもあるギアクマキス。今季もこのままセルティックで戦っていくことになるのだろうか。