【日本 0-0 エクアドル キリンチャレンジカップ2022】

 キリンチャレンジカップ2022が27日に行われ、サッカー日本代表はエクアドル代表と対戦している。

 森保一監督は23日のアメリカ合衆国代表戦からスタメン全員変更を決断。4-2-3-1のシステムを維持しつつ、フレッシュなメンバーをピッチに送り出した。

 先発メンバーはGKにシュミット・ダニエル、ディフェンスラインに右からDF山根視来、DF谷口彰悟、DF伊藤洋輝、DF長友佑都が入る。中盤ではMF柴崎岳とMF田中碧がダブルボランチを組み、右サイドにFW堂安律、左サイドにFW三笘薫、トップ下に南野拓実、そして1トップにFW古橋亨梧という人選になった。

 アメリカ代表戦ではハイプレスからの鋭いカウンターを何度も繰り出して主導権を握った日本代表だが、エクアドル代表には苦戦を強いられる。相手のタイトな寄せに苦しみ、思い通りにボールを前進させられない時間帯が続いた。守備でも縦に推進力のあるエクアドル代表の勢いに押されて対応に苦慮する場面が多々見られた。

 お互いにビッグチャンスの少ない展開の中、35分に高い位置でボールを奪った日本代表は三笘のスルーパスに古橋がゴール前へ抜け出す。しかし、パスは微妙に精度を欠き、シュートまで持ち込むことはできなかった。

 対するエクアドル代表は37分に日本ディフェンスのクリアのこぼれ球をMFホセ・シフエンテスがボレーシュートで叩くが、GKシュミットの正面に飛んでしまい先制点とはならなかった。

 日本代表にとって前半最大のチャンスは40分、エクアドル代表のDFペルヴィス・エストゥピニャンが自陣ペナルティエリア内でパスミスを犯し、ゴール前で古橋がボールをカットする。すぐさまシュートに持ち込むが、エクアドルのGKエラス・ガリンデスにキャッチされてしまった。

 43分、エクアドルも反撃する。FWロマーリオ・イバーラがドリブルで左サイドからカットインし、グラウンダーのシュートを放つ。地面を転がったシュートは右ゴールポストに当たってゴールにはならず。目の前で味方が触りそうだったためシュミットも動けず、日本にとってはあわや失点という場面だった。

 前半アディショナルタイムのコーナーキックで再び危機を迎えるも、長友のクリアで失点を回避。高い位置でボールを奪う機会が少なく、思うようにポゼッションもさせてもらえなかった日本代表はエクアドル代表に対して劣勢のままハーフタイムに入った。

【得点者】
なし