カナダ代表対ウルグアイ代表の国際親善試合が現地時間27日にブラチスラバ(スロバキア)で行われ、ウルグアイが2-0の勝利を収めた。この試合ではリバプールのFWダルウィン・ヌニェスが強烈なスーパーゴールを記録している。

 ともにカタールワールドカップ出場を決めており、11月の大会に向けて準備を進める両国。ウルグアイは開始直後にMFニコラス・デ・ラ・クルスが直接FKを決めて先制すると、前半のうちにさらにリードを広げた。

 33分、右サイドの攻撃からFWルイス・スアレスがゴールライン際へ持ち込み、柔らかく絶妙なクロスをゴール前に供給。待ち構えたヌニェスは驚異的な跳躍でカナダ守備陣に競り勝ち、高い打点からゴール右隅へ叩きつけるヘディングでネットを揺らした。

 今季加入したリバプールでは、クラブ記録となる最大8500万ポンド(約131億円)という巨額の移籍金に見合う活躍を見せられていないとして風当たりの強くなっていたヌニェス。だが代表チームでの活躍で勢いをつけていくことができるかもしれない。