●ジュビロ磐田:2002年

 今年で31周年を迎えたJリーグ。どのクラブにも良い時期と悪い時期があり、その中で、最強と言われるような歴史的な強さを発揮したチームもある。今回は、Jリーグ31年の歴史で、未来に語り継がれるであろう、リーグの歴史に残る圧倒的な強さを誇ったチームを紹介する。
———————————–

主な成績:1stステージ優勝、2ndステージ優勝
監督:鈴木政一

 日韓ワールドカップ開催で日本中のサッカー熱が高まったこの年、Jリーグで最も輝いていたのがジュビロ磐田だ。

 磐田は2001シーズンに悔しい思いをした。ファーストステージで優勝したものの、セカンドステージで2位になると、チャンピオンシップで鹿島アントラーズに敗れて年間優勝を逃している。シーズンの通算勝ち点ではトップだったが、最終順位は2位だった。

 その悔しさをバネに磐田はさらにスケールアップ。2002シーズンは開幕6連勝スタートを飾るなどしてファーストステージを制すると、セカンドステージでも2位・ガンバ大阪に勝ち点8差をつけて優勝し、Jリーグ史上初の完全優勝を果たしている。

 当時のメンバーは豪華そのもの。高原直泰が26得点を挙げて、得点王と最優秀選手賞をダブル受賞。中山雅史も16ゴールを決めた。2002シーズンの得点ランキング・トップ10は磐田の2人を除くと全て外国人選手で占められており、磐田がいかに異例の強さを誇っていたかが分かる。

 その得点力の源泉は「N-BOX」だった。3-5-2のシステムでピッチの中央に名波浩が入り、「N」を囲むように4人のMFを配する画期的なフォーメーションだ。低い位置に福西崇史と服部年宏、高めの位置に藤田俊哉らが入って攻撃を組み立てる戦い方が一世を風靡。当時の磐田のクオリティーがあって初めて可能になるものだが、抜群のイメージの共有で驚異的な攻撃の連動を生んだ。ドゥンガのもとで植えつけられたインテンシティーで組織的な守備も完全に機能。他を寄せつけない圧倒的な強さを見せたシーズンだった。

レベルが違いすぎる…。Jリーグ史上最強のチーム 全チーム紹介
レベルが違いすぎる…。Jリーグ史上最強のチーム(1)
レベルが違いすぎる…。Jリーグ史上最強のチーム(2)