UEFAユーロ2024(EURO2024)グループA第2節、ドイツ代表対ハンガリー代表が現地時間19日にメルセデス・ベンツ・アレーナで行われた。ドイツは初戦と同じメンバーで臨み、ハンガリーは前節から2人の選手を変更してきた。

 先のスイス代表戦を1-3で落としたハンガリーは、この試合で何としても勝ち点が欲しい。チームを率いるマルコ・ロッシ監督は、後ろからボールを繋げるマールトン・ダールダイをスタートから起用した。これによりハンガリーは、序盤から長短のパスを織り交ぜ、ドイツのゴールに迫るシーンを作った。事実、このゲーム最初のチャンスを作ったのはロッシ監督のチームで、ロランド・サライが開始早々にドイツのゴールを脅かした。

 しかしやはりEURO通算3度の優勝を誇るホスト国、個と組織で圧倒的なクオリティを見せる。11分にカイ・ハフェルツが抜け出すと、球威のあるシュートを放った。これはハンガリーのGKペーテル・グラーチにセーブされるが、この場面以降はドイツのボール支配が続く。

 すると22分、ドイツは一度ハンガリーのペナルティエリア内でボールを失ったが、ギュンドアンがそれを奪い返す。ドイツのキャプテンが中へ折り返すと、ジャマル・ムシアラが押し込んだ。ドイツが先制に成功する。

 反撃を試みるハンガリーは、10番を背負うドミニク・ソボスライが高いキック精度を見せる。26分、味方が得たフリーキックのチャンスに、ソボスライが右足を振り抜いて素晴らしい軌道を描いた。しかしこれはドイツの守護神マヌエル・ノイアーに阻まれ、得点には至らない。ソボスライはスイス戦でもアシストを記録したが、その右足のクオリティはこの試合でも随所で発揮されていた。

 前半のボール支配率が70%を超えていたドイツは、ハーフタイム明けも攻撃の手を緩めない。67分、ドイツの組織がハンガリーの守備陣を完全に崩す。ムシアラから左サイドに展開されたボールは、サイドバックのマクシミリアン・ミッテルシュテットのもとへ渡る。これをミッテルシュテットがダイレクトで中へ折り返し、ギュンドアンが左足で合わせてネットを揺らす。ドイツの追加点が生まれた。

 試合はそのまま終了し、ホスト国が2-0で盤石の勝利をおさめている。

【得点者】
22分 1-0 ジャマル・ムシアラ(ドイツ)
67分 2-0 イルカイ・ギュンドアン(ドイツ)

【全試合日程・結果・スコア一覧】ユーロ2024(EURO2024)
優勝候補はどこだ! ユーロ2024戦力値ランキング1〜10位
【グループリーグ順位表】ユーロ2024(EURO2024)