サムスン新端末、Galaxy S10に「極めて残念な問題」がある事が判明

サムスン新端末、Galaxy S10に「極めて残念な問題」がある事が判明

サムスンが2月20日に発表する、Galaxy S10に関しては既にその機能の大半が、関係筋からの情報で明らかになっている。しかし、サムスンが最後まで隠しておきたかった最大の欠点が、最新のリーク情報で明るみに出た。

携帯電話アクセサリーの通販サイトMobileFunが公開した動画で、サムスンがこのモデルに投入する「世界初のディスプレイ内蔵型の超音波式指紋センサー」が、一般的なスクリーンの保護膜を貼りつけた場合に動作不能になることが判明した。

また、その回避措置となりそうなオプションも、見栄えが悪く、高価であることが分かった。

MobileFunの動画は、サムスンの最新型の指紋センサーを稼働させるためには、スクリーン保護膜をセンサーの形にそって、丸く切り抜く必要があることを示している。ユーザーらは非常に見栄えが悪く、最大の売りである指紋センサーにダメージを与えかねないオプションの選択を迫られる可能性があるのだ。

ニュースサイト9to5Googleの記事によると、発売日時点でS10の超音波式指紋センサーに対応する、世界で唯一のスクリーン保護膜を製造したWhitestoneは、この保護膜を60ドルで発売するという。

価格がここまで高い理由は、このプロダクトの製造には特殊なメソッドが必要であるからだ。Whitestoneによると、S10のディスプレイに保護膜を貼る場合、ディスプレイとの間に少しでも空気が入り込むと指紋センサーが動作不能になるという。Whitestoneは独自の液体接着剤を開発し、専用の保護膜を開発した。

ただし、Whitestoneの保護膜は2枚入りで販売され、9to5Googleはこれが十分な耐久性を備えたプロダクトであると評価している。

現在のところWhitestoneのメソッドが、他メーカでも再現可能であるかは確認されていない。また、この保護膜の貼り付けを面倒に感じるユーザーも多いことが予想される。

サムスンのGalaxy S10は米国で5G通信に対応し、最新シリーズのなかで最も高額な端末になる見込みだ。購入者はなんとしてでも、この端末のディスプレイや新型の指紋センサーを保護したいはずだ。

そんな中、一般的な消費者がより高い関心を注ぐのは、光学式の指紋センサーを搭載する廉価版のS10eになるかもしれない。

Gordon Kelly


関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索