究極の快適さを備えた、正統派ジャケット|紳士淑女の嗜み

究極の快適さを備えた、正統派ジャケット|紳士淑女の嗜み

持ち物にはその人の品格が出る。よい物には理由があるのだ。

ファッションディレクターの森岡 弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。第24回は、イタリアの新鋭ブランド「チルコロ 1901」をピックアップ。

森岡 弘(以下、森岡):このヘリンボーンのジャケットいかがですか?

小暮昌弘(以下、小暮):トレンドの英国調ですね。ブランドは何ですか?

森岡:チルコロ1901というイタリアのブランドです。

小暮:知っていますよ。ということは、素材は有名なジャージーですか?

森岡:そうなんです。ジャージー素材にチェックをプリントしています。

小暮:プリントには見えませんね。カジュアル化したファッション、社会を象徴するようなブランド、アイテムですね。

森岡:ブランドの創業は2009年ですから、新鋭と言えますね。イタリアのバーリにある元テキスタイルメーカー、S.G.L.社が始めたブランドで、オーナーは、ジェラルド・ダルジェーニオという人物。「チルコロ」はクラブ、サークルの意味があります。

小暮:昔、80年代に「クラシコイタリア」という名前でファッションが注目されたときには、スーツやジャケットはアルティジャーノ=職人的な仕立てをもったブランドが中心でしたが、それから30年あまり、最近ではこのブランドのように新しいブランド、しかもカジュアル的な感覚をもったブランドがイタリアから続々誕生していますね。

森岡:ビジネスでも着られ、カジュアルでも使えて、しかもイタリア製でありながら買いやすいプライスゾーンをもっている。現代のニーズにマッチしたブランドと言えますね。

小暮:紳士がもつべきアイテム、例えば職人仕立てのスーツ、革靴、機械式時計などは、その価値は変わらないどころか、むしろ高くなっていますが、プライスもそれに合わせて上がっています。一枚、一個は購入することができても、2つ目にはすぐに手を伸ばせないほど上がっているのも事実です。

森岡:シャツやパンツなどもそうですね。ひと昔前のスーツぐらいのものもあります。しかしこのジャケットならば、気に入ったらすぐにもう一枚買えるぐらいの絶妙なプライスです。元テキスタイルメーカーということも大きいと思いますね。

小暮:それにしてもこのプリント技術はすごいですね。このブランドに限らず、最近のジャケットは、ニットやジャージー素材なのか、あるいは昔ながらの織りの生地なのか、ひと目ではわからないものが増えてきました。

森岡:オーナーのダルジェーニオは、このジャケットを「イージージャケット」と呼んでいますが、ストレッチ性があるので着心地がよく、畳んで持ってもシワはそれほど気にならないから、出張や旅にも便利だと思います。

小暮:ビジカジどころか、スーツスタイルにスニーカーを履こうという動きがありますから、まさにそんな着こなしに最適なジャケットですね。

森岡:IT系の会社に通うビジネスマンならば、すぐに気に入ってしまうのでは。

小暮:柄がヘリンボーンなので、コーディネーションクラシックにまとめがちですが、この素材なので、インナーはTシャツやニットなどでも合うと思いますますね。

森岡:同じジャージーやニット素材を使ったジャケットでも日本ならば完全にカジュアルスタイルに合わせるものとしてデザイン、仕立ててしまうことが多い。しかしこのブランドはビジネスに着こなせるまでに洗練された印象に仕上げています。伸縮性ある素材でこれほどまでに仕立てるのはかなりの技術力だと思いますよ。

小暮:それがイタリアのファッションのすごい部分であり、ある意味職人芸だと思いますね。昔、イタリアによく行っていたときに、名もなきブランドで、すごくいい感覚をもったブランドをたくさん見ました。それを思い出しますね。

森岡:しかもメンズ用だけでなく、同じ素材を使ったウィメンズ用のジャケットとパンツも揃っています。

小暮:会社に着ていくジャケットやパンツがなかなかいいものがなくて困っている女性も多いと聞きます。

森岡:仕立てのきれいな女性用のジャケットって、日本では少ないですからね。そういう女性にもぜひ薦めたいブランド、セットアップの服ですね。

森岡 弘◎『メンズクラブ』にてファッションエディターの修業を積んだ後、1996年に独立。株式会社グローブを設立し、広告、雑誌、タレント、文化人、政治家、実業家などのスタイリングを行う。ファッションを中心に活躍の場を広げ現在に至る。

小暮昌弘◎1957年生まれ。埼玉県出身。法政大学卒業。82年、株式会社婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。83年から『メンズクラブ』編集部へ。2006年から07年まで『メンズクラブ』編集長。09年よりフリーランスの編集者に。

Forbes JAPAN 編集部


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索