孫の誕生で両家が意外と気にするのが、どちらに似ているか問題。息子に似ているか嫁に似ているかを気にする義母ってけっこう多いんです。今回は、息子に似ている孫だけを可愛がるというイラっとする姑エピソードをご紹介します。

旦那似の孫だけを可愛がる義母

これは友人から聞いた話です。

友人A子には二人子どもがいて、どちらも男の子の年子。
長男は旦那さんにそっくりで、次男はA子にそっくり。
もちろんどちらも可愛くて友人夫婦も大切に育てているんですが、義母が曲者なんです。

自分の息子に似ている孫が可愛いと思う気持ちはわかりますが、あからさまな区別をするらしく、旦那似の長男だけを可愛がるそうなんです。

息子が大好きな義母

元々義母は旦那さんのことが大好きで、
「うちの〇〇くんは本当に賢くて、小さいころからお勉強もできたのよ」
「誰よりも足が速くって、いつも学年で一番だったわ」
「どんなお嬢さんと結婚するのかと思って楽しみにしてたのに」
などと言うらしく、付き合っていた頃から義母のヤバさは感じていたそうですが、まさかその矛先が孫にまで向けられるとは思っていなかったと嘆いていました。

お年玉や入園祝いにまで差をつける

その区別はとてもはっきりしていて、お年玉や入園祝いなどのお祝い金にも差を付けるんだとか。

まだ3歳と2歳と小さく、しかも年子なので同じでいいと思うんですが、長男には1万円・次男には5千円といったかんじで、いつもわかりやすく倍の差をつける義母。いただいているので文句を言うわけにもいかず、ただ毎回もやもやした気持ちになると言っていました。

子どもに対する接し方が違う

長男には赤ちゃん言葉で話しかけ必要以上に抱っこやハグをして可愛がりますが、次男にはあまり話しかけることもなく、必要以上にお世話もしない。
友人と二人きりの時に「タネが違うんじゃないの?」など笑えない冗談まで言ってくるそう。

子供が成長するにつれ義母の接し方の違いに疑問を持ち、次男はショックを受けるんじゃないかと心配しているそうです。

まとめ

マザコンも厄介ですが、子離れできない義母というのもキツいですね。
子どもに悪影響がでそうな義母とは一旦距離を置いて、子どもを守ってあげたほうが良さそうです。

ftnコラムニスト:karira