ftn アンバサダー織田千穂です♡全く盛れないのに今大人気!!という「韓国式プリクラ」を体験してみました!

韓国式プリクラ?!日本との違いは?

①盛れ度具合

今話題の韓国式プリクラ。
日本との違いと言ったら「盛れ度」具合。
日本のプリクラと言ったら・・・時代と共に進化していっていますが
盛れ度がかなり凄い事で有名です。美肌だったり、目が大きくなったり、足が長くなったり
とにかく盛れ盛れ加工が定番となっているので
逆に男性が一緒に撮ると何かおかしな事に・・・というケースもよくありますよね(笑)
今、話題の韓国式プリクラは一切「盛り」はなし。
ナチュラルな撮影が出来るので、カップルや男性も自然に撮れるプリクラとなっています。

②4コマ漫画風?!

そして、日本のプリクラの場合は・・・自分でサイズやフレームなどを選んだり
大きいプリクラや小さいプリクラなど複数枚が定番ですが
韓国式プリクラは、4コマ漫画風の撮影になっているのです。
そして、出来上がりはフィルムの様なデザインになっていてこれが可愛いと話題となっています。
4コマ漫画風なので、自分たちでストーリーを作って撮ったり
テーマを決めて撮ったりする楽しさがあります。

レンタルゾーンには楽しいアイテムがいっぱい?!

レンタルゾーンには、4コマ漫画風がより楽しくなるアイテムが沢山あります。(有料)
被り物系などが多く、耳だったり、ティアラだったり、誕生日アイテムなどなど
沢山のアイテムを借りる事が出来ます。

店内のいたる所がフォトジェニック

店内のいたる所がフォトジェニックになっています。
プリクラ撮る前後などにも、こういった場所で写真を撮ったりして
時間を有効に使う事が出来るので、かなり楽しめる場所になっていました。

まとめ

ちなみに、プリクラ機は、機械ごとに背景の色が異なるので
自分の好きな背景の所に並んで撮る流れになっていました。
いざ、お金(500円)を入れて撮影が始まると一瞬にして4シーン撮影が始まるので
事前にどんなストーリーやネタで撮るか入念に相談の上、撮影をおすすめします(笑)

織田千穂♡
[https://www.instagram.com/chihoda/]

[【ftnアンバサダー】織田千穂 - 【ftn】fashion trend news|ファッショントレンドニュースマガジン|すべての人におしゃれする楽しさを]