幼い子連れのお出かけは、荷物の用意から何から色々と大変なものです。
筆者の友人A子さんは、あまりの大変さにお出かけを躊躇していました。そんな彼女から聞いた体験談をご紹介します。

癇癪のある息子。2人連れて行くのは大変

A子さんには3歳の双子の男の子がいました。
1人は発達が少しゆっくりのため、奇声を発したり癇癪を起こしたりと、あまり大人しく出来ません。

その為、A子さんが1人で双子を連れての外出は、あまりに大変で躊躇してしまうほどでした。
よっぽどの用事が無い限りは、夫と4人で出かけるようにしていたのです。

母に会いたい。その一心で出発!

ところがある日、A子さんの母が脳梗塞で倒れてしまい、緊急入院することに。
術後は夫も仕事を休んで一緒にお見舞いに行ってくれましたが、毎日休むわけにもいきません。

母の病院まで、電車で約1時間。
子ども達を連れて行くのは大変ですが、母に会いたい。

A子さんは意を決して、双子を連れて出発することにしたのです。

電車の中でも騒ぐ息子。どうしよう……

双子のベビーカーが電車に乗り込むと、チラチラと視線を感じました。

(邪魔だと思われてるのかも)

大きくて幅を取る双子用のベビーカーは、存在感も大きいもの。
周りにペコペコと頭を下げながら、端の席のほうへ移動しました。

その瞬間、息子が突然叫び声を上げ始めてしまったのです!
オモチャやお菓子を見せても効果はなく、癇癪を起こし叫び続ける我が子。
先程より視線も集まり、A子さんは次の駅で降りるか悩むほどでした。

すると、突然近くに立っていたサラリーマンに声をかけられたのです。
怒られるのかと思っていると……!

優しい対応に大感謝。本当にありがとう!

「双子って大変ですよね! お母さん1人で外出なんて凄い!」

サラリーマンは満面の笑みで、とにかくA子さんを褒めてくれたのです。
実はサラリーマンの姪っ子も双子だそうで、幼い頃の壮絶な育児話を聞いていたのだそう。

そしてカバンからジャバラ状のファイルを取り出し、子どもの目の前でパラパラと開け閉めをし始めました。
すると、息子達はファイルに釘付け!
不思議なことに一瞬で癇癪が収まり、息子の叫び声が収まったのです。
A子さんはサラリーマンに感謝を伝えると、

「これ皆絶対泣き止むんでオススメですよ! 百均で売ってます!」

と、またもや満面の笑み。
その後もサラリーマンが実践してきた泣き止ます方法など、色々教えてもらえました。
その方はA子さん達より先に降りてしまいましたが、

「案外他の方も、困ってる時は助けようって思ってくれてますよ。」

なんて優しい言葉をかけてくれたのです。
よく見ると周りの人の視線は、怪訝な目ではなく、「大丈夫かな」というような優しい眼差しな事にも気付きました。

もちろん中には「うるさいから嫌だな」と思う方もいると思います。
それでも、なんだか勇気を貰えて、とても嬉しかった出来事でした。

まとめ

1人を育てるのでも大変なのに、双子となれば2倍ですからね。本当に毎日お疲れ様です。
そして電車の中は、案外優しい人も多いもの。素敵な出会いに感謝ですね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:Yuki.K