恋愛に使える「心理テク」は意外とたくさんあるのをご存知でしょうか?今回は、今からでもすぐに実戦できる簡単なテクニックをご紹介します!

好きと言われると好きになってしまう…♡ 〜好意の返報性〜

男性は承認欲求が強く、少しでも好意を持っている女性から告白されると一気にその人のほうに心が傾いたりします。

これを「好意の返報性」といいます。

付き合っていても同じで、彼女から「好き」と言われればそれに比例して自身の「好き」も増してしまうんです。

ダメと言われるほどしたくなる! 〜カリギュラ効果〜

制限されたり禁止されると逆にそれをやりたくなってしまうという心理現象を「カリギュラ効果」といいます。

このカリギュラ効果、実は恋愛にもかなり効果的。「本当は帰りたくないけど明日早いし帰らなきゃね…」「もっと会いたいけどお互い仕事もあるし我慢しないとね」という風にあえて制限を設けると、男性はどうしてもその制限を破りたくなってしまいます。

結果、気持ちが盛り上がって情熱的な恋愛に繋がるんです。

ギャップで心を釘付けに 〜ゲインロス効果〜

ゲインロス効果とは、最初にマイナスの印象を相手に植え付けておくと、そのあとプラスの印象が生じたときに、実際以上にプラス面が際立って見えるという現象で、簡単に言うといわゆる「ギャップ萌え」です。

たとえば相手に優しくしたい時、何もない状態から優しさを見せるよりも、少し突き放したあとに見せたほうが、相手にとってより大きな優しさに感じられます。いつでも優しい彼女も素敵ですが、たまには厳しくして彼氏を軽く混乱させ、そのあと思い切り優しくすると効果抜群!意外なギャップに彼もドキドキしてしまいます。

また、「頼りないと思っていたのにいざという時はしっかりしている」「いつも強気なのに不意に弱いところも見せる」など、ゲインロス効果は恋愛に応用できることがたくさんあります。

おいしい食事は長続きの秘訣 〜ランチョンテクニック〜

ランチョンテクニックとは、おいしいものを食べながら話すと相手に好意を抱きやすいという心理現象を利用したテクニックです。

おいしいものを食べている時、人は快楽を感じて心地よくなってしまうもの。その分相手の話も受け入れやすくなっています。

おいしい食事は相手との関係を良好なまま長続きさせる秘訣なんです。

心理テクを制する者は恋愛を制す!

いかがでしたか?

知っているのと知らないのとでは恋愛スキルに雲泥の差が出てしまう心理テクニック。ぜひ上手く活用して、彼を今以上に夢中にさせてくださいね♡

ftnコラムニスト:藍沢ゆきの