社内不倫は、本人たちは気が付いていなくても結構周りにバレていること多いですよね。今回は、社内不倫をしているカップルのあるあるエピソードをご紹介します。友人たちにリサーチしてみたところ、同じようなあるあるが多くて盛り上がりました!現在進行中の方、気を付けてくださいね。

出張と休暇が被る

友人と同じ部署のA子は、前もって申請するのではなく急に休暇を取るので仕事の段取りなどバタつくことが多く、友人も急に残業になるなど被害を受けていました。休暇の理由はいつも体調不良だったんですが、休み明けはいつも元気そうに出社するのでおかしいと思っていたそうです。

ある時他部署と合同の企画を進めることになり、そこの部長とスケジュールの段取りを打合せしていたとき、出張の日程とA子の休暇が丸被りだと気付きました。それ以降二人がすれ違う時などを観察してみると、さりげなくボディータッチをしたり目で会話したり明らかにデキている様子だったそうです。

他部署だと隠せそうですが、小さなきっかけでバレてしまうこともあるんですね。

同行が多くなる

大きな営業先には上司と若手の二人体制で行くことが多いのですが、若手が育ってくると資料を渡したり簡単な打合せは任せることが多くなります。しかし、いつまでたっても同行営業を続けていた係長とB子。

「まだ一人では不安なんですーう」
「これは俺もついていった方が、先方にも話が通りやすい」
と、なにかと同行をしたがるので周りからは怪しいとは言われていました。

ある日、別の営業が人気のない高架下に止まっている社用車を発見して覗いてみたら、係長とB子が熱い抱擁を交わしている真っ最中!こっそり写メを撮り、社内の裏グループラインへ転送して、大騒ぎになったそうです。
社用車で悪いことをすると、今の世の中すぐバレちゃいますね。

休日出勤が多い

休日出勤なんて無駄なこと絶対にやらないと言っていたC子。違う部署に異動してからやたらと休日出勤が増えていて、大変なんだろうなと思っていました。
私も休日出勤をしたある日、ランチを誘いにC子の元へ行ってみると、荷物はあるけど姿が見えません。

しばらく待っても来ないので探してみると、給湯室のほうからひそひそ話し声が聞こえてきました。耳を澄ませてみると、異動先の上司と思われる声とC子のイチャつく声が…。
聞かなかったことにしてその場を離れましたが、給湯室はバレるからやめておくようにと忠告したい気持ちになってしまいました。

社内不倫は危険と隣り合わせ

同じ会社の中での不倫は、普通のシチュエーションよりもドキドキ感が増して燃え上るのかもしれませんが、どんなに隠していてもなにかのきっかけですぐにバレてしまいます。
大事なものを壊さないように、慎重に考えて行動しないといけませんね。

ftnコラムニスト:karira