不倫はいけない恋だとわかっているから、なおさら盛り上がるのかもしれません。いざ自分のものになってしまったら急に冷めてしまったり…。今回は、長年の不倫の末、略奪婚に成功したけれど破局してしまった友人のエピソードをご紹介します。

7年の不倫の末、略奪婚した友人

これは私の友人の話です。

友人は新入社員として入った会社の上司と恋愛関係になりました。ただ、相手には奥さんも子どももいて俗にいう不倫。年上の男性に対する憧れだろうからすぐに別れるだろうと思っていましたが、なんと7年もの長い間不倫関係は続きました。

お互いこの人しかいないと言い切る二人は、どんなに時間がかかっても必ず一緒になると固く誓っていて、途中からは私も応援するようになっていました。10歳の年の差を感じさせないほどラブラブで、本当の夫婦のように感じることもありました。彼はずっと奥さんに別れてほしいと説得し続け、最終的に離婚調停まで進み離婚が成立。
晴れてひとり身となった彼と交際8年にして結婚することができました。

結婚してから友人に変化が

長年の苦難を乗り越えてやっと一緒になれた二人でしたが、だんだん二人の様子が変化していきました。

彼は変わらず友人を大切に思う気持ちが伝わってきましたが、友人からは不倫中のような感情は見えなくなり、明らかに気持ちが冷めていっているのがわかったんです。
どうやら彼を手に入れるまでの過程が盛り上がりすぎて、いざ自分のものになってしまったら満足してしまい物足りなくなってしまったようで、彼ともギクシャクした雰囲気になっていきました。

略奪婚から1年で離婚

予想外に気持ちの乖離が大きかったようで、あれだけ苦労して結婚したのにわずか1年で離婚してしまった二人。しかもすぐに年下の男性と付き合い始めた友人は、「私の20代の7年間はなんだったんだろう」と言い出す始末。

彼は家庭を壊し、友人は無駄な7年を費やしたのにも関わらずこの結末。不倫は誰も幸せにならない、してはいけない恋愛だと思い知らされました。

ftnコラムニスト:karira