LINEを誤送信してしまった経験は誰でもあるもの。しかし時にはその間違いがとんでもないことになってしまうこともあります。そこで今回は、上司に「かまってLINE」を連投してしまったエピソードをご紹介します。

寂しい休日を過ごすAさん

知人のAさんには、大好きな彼氏がいます。しかしその時期、彼は仕事で忙しく、なかなか会えていなかったそうです。

とある休日。その日もAさんは彼氏と会えなかったので、家で寂しくお酒を飲んでいたそうです。しかし寂しさのせいか、お酒の量がどんどん増えていきます。

彼氏にかまってLINEを送信

酔いが回ってくると、Aさんは無性に彼氏に会いたくなってしまったそう。しかし会うことはできないため、彼氏にかまってLINEを送りました。

「起きてる?」「寂しい」「ちょっとだけ電話したい」しかし彼からの返事はありません。

さらに彼女は「会いたいニャー」「かまってよぉ」「ギューしたい」と送ります。しかしそれでも既読すらつきませんでした。

100件以上のスタンプを連投

「寝ているのかも」と思ったAさん。彼を起こすために、何度も電話をかけたのですが、彼は出てくれません。

それで腹が立ったAさんは、「かまって」と書かれたスタンプや、鬼の顔のスタンプなどを、連投し始めました。その数は100件を超えるほどです。

しかし彼からの返事はまったくありません。
そしてお酒に酔ったAさんは、そのまま寝落ちしてしまいました。

上司からのまさかの一言

お昼になってようやく目を覚ましたAさん。そのタイミングで彼氏から「少しだけ会えそう」とLINEが届きます。

喜んだAさんですが、そこで疑問が…。
昨日あれほどLINEを送ったはずなのに、その履歴が一切ない。
まさかと思い、調べて見た結果、嫌な予感が的中します。

Aさんは彼氏に送ったと思い込んでいたのですが、実は昨日のLINEは全て会社の上司に送られていたのです。そしてしっかり「既読」もついています。

すぐに上司に謝罪のLINEを送信し、Aさんは震えて返事を待ったそうです。すると上司から一通のLINEが。

「こういうミスは仕事ではしないでくださいね」

一切反論できず、「すいませんでした」と謝罪し、なんとか事なきを得たそうです。

酔っているときは思わぬミスをしてしまうこともありますよね。お酒を飲んでいるときは、LINEやSNSを開かないようにしたほうが賢明かもしれません。

ftnコラムニスト:ふくろうクジラ