気になる彼のLINEをついにゲット!…したまでは良かったけど、何だか上手くやり取りが続かない。そんな時は、一度ご自身が送っているLINE内容を見返してみましょう。ひょっとしたら、彼がつい返信したくなくなるメッセージを送ってしまっているかもしれません。
今回は、男性陣に聞いた『つい放置したくなるLINEメッセージ』についてご紹介します。

一言のみLINE

彼がせっかく送ってくれた内容に対して、返事を一言で済ませてはいませんか?

例えば、質問に対して「うん」「いいよ」「無理」と答えるだけだったり、彼の話すことに対して「そっか」「そうなんだ」とそっけない返事しかしなかったり…。

たとえ本人に悪気がなくても、こういったそっけない返しは男性から「この子は自分と別に話をしたいわけじゃないんだな」と判断されてしまうようです。

彼とどんな関係性であっても、やっぱり会話のラリーは大切!返信をもらいたいなら、自分からも会話を広げる努力をしましょう。

長文LINE

レシートのような長文メッセージも、男性が返したくなくなるLINEメッセージの1つ。理由は単純。「読むのが面倒くさいから」だそうです。

中には「そんなに話すことがあるなら、いっそのことLINEじゃなくて電話してほしい」と答える男性も。

内容が長すぎと、何に対して返信すればいいのか悩んでしまい、つい放置してしまいたくなるそうです。好きな人にはアレコレ話したくなるものですが、一気に長文でメッセージを送るのは控えたほうが良さそうですね。

連投LINE

意外と多くの方がやりがちなのがこちら。1回のメッセージで済む内容を、3つにも4つにも分けて連続で送ってはいませんか?この連投LINE、実は送られてきた側はかなりゲンナリしてしまうそうです。

男性陣いわく「返信が追い付かなくてイラっとくる」「何回も(スマホが)ピコンピコン鳴るとウザい」とのこと。あまりにも多いと、通知オフにしてしまうこともあるんだとか!

返信を放置されるならまだしも、通知オフにされるのだけは絶対に避けたいところ。LINEでやり取りをする際は、一度に送る回数にも要注意!

スタンプ攻撃LINE

これは先程紹介した「連投LINE」の応用編といっても過言ではありません。

メッセージなしのスタンプ連投LINEは思わずスマホをぶん投げたくなるほどイラっとする男性が多いそうです!(無意識にやっている女性は本当に注意して)また、連投じゃないにしても、返信がスタンプばかりの場合は「あ、もうこの子いいや。終了〜」とLINEを放置してしまうそう。

気軽に気持ちを伝えられて便利なスタンプですが、使う際はメッセージと組み合わせて上手に活用していきたいですね。

ftnコラムニスト:なべび