結婚をするかしないか、子どもを産むか産まないかは人それぞれで、各々に考え方に違いがあるのは当然のことです。しかしそれが自分の大切な人を悩ませていることもあります。今回はとあるシンママと知り合いになった私の知人Nさんから聞いたお話をご紹介します!

「みんな顔が違って面白いよ♪」

父親が違う子を産んだシンママの選択が正しかったのか間違っていたかどうかを決めるのは本人と子どもたちです。ですが、本当のところは子どもたちにも思うところがあったのかもしれません。子どもたち全員に見放された寂しい老後にならないためにも、他に何か方法があったのではないかと思わずにはいられない出来事でした。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

Illustrator:鳥枝もん
ltnライター:齋藤緑子