旦那にどれだけ裏切られても、子供さえいればなんとか生きていけます。しかしそんな子供すらも奪われそうになったらどうでしょうか。そこで今回は「不倫相手を本当のママだと紹介していた旦那の話」をご紹介します。

冷めきった夫婦関係

Aさんには5歳の息子と旦那がいます。旦那とは喧嘩ばかりで、いつ離婚してもおかしくない状況でした。

しかし息子の幸せのためにも、そう簡単に離婚することはできません。そのため夫婦関係は冷めきっていましたが、せめて息子が成人するまでは、なんとか頑張ろうと思っていたのです。

息子が衝撃の一言を

ある日のこと、Aさんは息子の元気がないことに気づきます。「どうかしたの?」と息子に聞くと、まさかの言葉が返ってきます。

「ママは、本当のママじゃないの?」

なぜ息子がそんなことを言うのかわかりませんでしたが、「そんなわけないじゃない。正真正銘、私はあなたのママよ」と答えました。すると、ゾッとするような言葉を息子が発します。

「でもこの前、パパが本当のママに会わせてくれたよ?」と。

旦那の計画に気づく

話を聞くと、息子と旦那が2人で出掛けた際、知らない女性を旦那が連れて来たそうです。そして旦那がその女性を「本当のママ」だと紹介し、遊園地で遊んだということでした。

Aさんはその話を聞き、血の気が引きます。旦那が目論んでいることがわかったからです。

旦那は不倫しており、Aさんとは離婚するつもりなのでしょう。そして子供を連れて行き、不倫相手と再婚して3人で暮らそうとしているのです。

Aさんにとって旦那が不倫していることはこの際どうでもいいことでした。「息子を失いたくない」その一心だったのです。

実家へ逃げる!

Aさんは両親に事情を話しました。両親としても孫を絶対に失いたくないということで味方になってくれ、それから一週間も経たないうちにAさんは息子を連れて家を出て行ったそうです。

その後、旦那が弁護士を引き連れ、実家にやってくるなど、様々なことがありましたが、なんとか離婚が成立。無事、息子と一緒に暮らせることになったそうです。

旦那に子供を奪われていたらと思うと、ゾッとしますよね。もしも旦那が不穏な行動を取っていたら、何か裏で計画を立てていないか、疑ったほうがいいかもしれません。

ftnコラムニスト:ふくろうクジラ