SNSで度々、酷すぎる姑のエピソードが話題にあがっています。
なかには、お嫁さんだけでなく、孫にまでドン引き行動をする姑も。
筆者の知人から聞いたドケチ姑エピソードをどうぞ。

お金に厳しすぎる姑

私の姑は、とにかくドケチ!

夫と交際しているときも、何かと話を聞きつけては、旅行のお土産や手土産をせびってきていました。

結婚してからは距離を置きたかったのですが、頻繁に『ご飯に行こう』と誘われるように。

「何度も断るのも悪いか」
と思ってご飯に行くと、決まってそのご飯代は私たち持ち。

義父がお金を出そうとするたびに
「こういうのは若い人が出すのが常識よ」
と訳の分からない持論を繰り出してくるのです。

主張の激しい姑に、優しくも気の弱い義父はいいなり状態。

タダ飯を食べて、満足げにしている姑には、毎回ドン引きしていました。

孫ができてもドケチさは変わらず

そんなあるとき、私たち夫婦の間に可愛い赤ちゃんが!

妊活を始めて2年、念願の息子が生まれたのです。

子どもが大好きな私も夫も、息子にデレデレ。

私の両親も初孫ということもあってか、ベビーカー代や衣服代などたくさん支援してくれました。

でもやっぱり、姑だけは超ドケチで。

『孫に会わせろ会わせろ』と何度も催促されるがまま会わせに行くのですが、プレゼントは何もなし。

「子どもを育てるのは親の役目だから」
と金銭的援助は一切ありませんでした。

もちろん、私たちが金銭を求めているわけではないのですが、一方で義母は孫への口出しが多く……。
「服汚れててかわいそう」
「もっといいもの買えばいいのに」
と文句ばかり。

会う度に精神的に疲れてしまうので、もう行くのはやめようとも思いましたが、義父がこっそり援助してくれていたこともあり、ほぼ義父のために義実家に行っていました。

孫にまでお金をせびりだした!

数年後、息子も成長して小学生に。

すると姑は、トンデモナイ行動にで始めたのです!

いつものように
「この日かこの日なら空いてるから」
とこちらの都合を無視して勝手に会う予定を立ててくる姑。

イライラしつつも義父のために息子と会いに行ったのですが、問題はその帰り際。

「じゃあ大福食べたもんね」
「手間賃も含めて、ばあばに500円渡してね♡」

なんと孫にまで、食べた分のお茶代を請求してきたのです!
しかも、1個100円程度の大福に、400円の手間賃を含めて……。

これには私も義父も唖然。

私が立て替えたものの、息子も戸惑っていました。

それ以降、なるべく息子を姑には会わせないようにしていましたが、お正月やお盆などの行事ごとはそうもいかず。

そのたびに義父も夫も注意してくれましたが、姑は孫にもお金をせびり続けました……。

孫から姑に反撃が!

それから4年、息子が10歳になったときに思わぬ転機が!

なんと、義母が転んだ拍子に足を痛めて、1人では上手に歩けなくなったのです。

しょげつつも姑が息子に
「手を引っ張ってくれるかい?」
と頼むと……。

「じゃあ介護料もらうからね」
「助けるたびにお金もらうから」

なんと息子、数少ないお小遣いをとられたことを恨んでいたのか、『お金をくれない限り一切介助しない』と宣言したのです! 姑が可哀想な気もしましたが、姑はこれまで孫にお金をせびっていたからか、ぐうの音も出ないも様子。姑はガクッとうなだれていました。

結局、その後も息子は姑の存在をほぼフル無視。

今では施設に入っているので、息子の意思のもと面会にはいかず、義父とだけ会うようになりました。

お金が大切なのはわかりますが、自業自得とはまさにこのことですよね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:一瀬あい