幼く見えない「#ヌナボブ考案者」に学ぶ、あざと可愛い【王道ボブ】特集! 表参道のヘアサロン「GARDEN omotesando」トップスタイリスト@garden_momokoさんのInstagram投稿から、夏にうれしい爽やかな顎ラインのレングスに絞って、王道ボブ4種類をご紹介します。タイムレスな人気を誇り、まとまりやすさも抜群なボブを味方につけて、あらゆる方面からの“モテ”を意識してみて。

決めすぎないシースルーバング

ほんのり丸みを帯びたシルエットが愛らしい、毛先を重めに揃えたカット。モテを加速させるのは、隙を感じさせるシースルーバングです。束感をつけておでこを覗かせると、計算されたゆとりが生まれ、決めすぎないけれどセットが行き届いた上品さも兼ね備えた仕上がりに。サイドバングでこめかみをカバーすると、小顔効果も期待できます。

軽やかでやわらかいハイトーン

顎ラインのコンパクトなシルエットとよく合う、軽やかなハイトーンベージュ。 @garden_momokoさんこだわりの「肌が明るく見えやすい」カラーです。色素の薄いやわらかい髪質を連想させ、どこか儚げな天使のような可愛さに。ぷつっと揃えた前髪と耳にかけない定番のダウンスタイルでも、十分オシャレに映ります。

色っぽい顔まわり

“あざと可愛い”といえば、あどけなさに加え少しの色気も必要。トレンドの顔まわりレイヤーを入れてアレンジすると、前髪なしでも直線的にならず、女性らしい曲線美をアピールできます。輪郭に沿ったカットを入れることで、サイドの余白やフェイスラインをカバーして、シャープな印象を与えられるのもうれしいところ。

小顔度急上昇の秘密は?

ボリュームを抑えた、毛先に透け感のある顎ラインボブ。暗髪でもスッキリ見える、王道人気スタイルです。内側に入るシルエットと眉下で切りそろえた前髪は、顔の見える範囲を狭め、小顔度を急上昇させます。ここ数年人気が続く、ビッグサイズのアイウェアを合わせる、小顔テクニックもあざとく活用して。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@garden_momoko様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:Nae.S