子どものイジメは、ちょっとしたことが原因になったりもします。それが本人には責任のない原因だった場合、親としてどう対応すべきでしょうか。 これは筆者の友人・M夫妻から聞いた息子のイジメ問題に立ち向かったエピソードです。

学校へ行きたくない

実は夫は、わざわざ朝の登校時間帯に学校へ出向く様子を生徒に見せることが狙いだったのです。
夫は顧問や担任にイジメとイジメの原因について話し、「この状態が続くのであれば、この事実を公表し、学校側の対応についても追及させてもらいます。」と言い、イジメの事実を知った先生方は激怒。真剣に対応すると約束してくれたそうです。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

Illustrator:あすおかあすか
ltnライター:RIE.K