結婚する上で、最低限の収入は必要です。ですが、それだけを目当てにしていたら、後々、痛い目を見るかもしれません。

婚活のために嘱託職員になった友人

友人女性は、何度も転職を繰り返していました。しかし、30歳という年齢もあり、そろそろ身を固めたいと思ったそうです。

「学校で働けば、教員男性をゲット出来るかも!」そう言って彼女は、学校の嘱託事務員として勤務し始めました。

勤務先の真面目な男性とゴールイン

こうして彼女は、勤務先にいた男性に積極的にアプローチし、見事ゴールインしました。結婚式にて、お祝いの言葉を述べると、彼女は勝ち誇ったように言いました。

「旦那、恋愛経験なしだったのよ!コイツなら、チョロいなって思ってアタックしたの!私の言う事なら、なんでも聞くし最高!」

友人の言葉には、正直、閉口しました。それでも2人が幸せなら良いと思っていましたが、残念ながら現実はそう上手く行きませんでした。

ストレスで教員を辞めてしまった夫

2人が結婚して1年後。旦那さんが、仕事のストレスで鬱を発症してしまい、教員を辞職することとなりました。

それを聞いて周囲は心配していましたが、友人は旦那さんへの不満ばかりでした。

「教員辞めて、これからどうするのよ!私は、絶対にもう二度と働かないからね!」

旦那さんを労わる言葉ひとつない友人に、私を含めてみんながドン引きでした。

その後、頑張って旦那さんが正社員の職に就いたというのに、友人は「給与が下がった!」と文句ばかり言っていました。

ちっとも幸せそうじゃない夫婦生活

旦那さんがこうなってしまったのも、友人の態度が少なからず影響していたかもしれません。

辛い時に、配偶者が相談に乗ってくれるならまだしも「働け!」と叱咤され続ければ、膨大なプレッシャーがのしかかります。

何が起こるか分からない人生だからこそ、支え合いたいと思える相手との結婚がベストでしょう。

ftnコラムニスト:六条京子