【カルディ】の異国情緒あふれる食材のなかでも特に人気なのが、日本人にも愛されている「台湾フード」。優しいフレーバーからピリッと辛いフレーバーまで、一度食べたら沼にハマってしまいそうなやみつき台湾フードが豊富に揃います。何度でも食べてみたくなりそうな、カルディの台湾フードをピックアップしました。

優しい味わいの台湾朝ごはん

カルディの「シェントウジャンの素」は、台湾の定番朝ごはんであるシェントウジャンが簡単に作れる商品。シェントウジャンは具材がたくさん入った豆乳スープのこと。こちらの商品に無調整豆乳を入れるだけで、本格的なシェントウジャンが楽しめそうですね。
@kitsuneinunoteさんによると、ザーサイ、ネギ、桜エビなどの香ばしさとしょっぱさを倍増させる具材を入れると、よりシェントウジャンの美味しさが楽しめるそうですよ。

自宅で作れる台湾の人気メニュー

台湾フードの鉄板といえば、屋台グルメのルーロー飯。カルディの「ルーロー飯の素」を使えば、台湾式のルーロー飯が自宅で簡単に作れます。作り方は簡単で、お肉を炒めて水とルーロー飯の素で煮るだけ。豚バラ肉を使うのが一般的ですが、@kitsuneinunoteさんのようにそぼろを代用しても美味しく味わそう。八角や五香粉など、スパイスの本格的な風味が効いて美味しそうですね。

本格スパイシーなフライドチキン

@kitsuneinunoteさんが「台湾の夜市で食べた」と本物に近い味わいに感動したというのが、カルディの「台湾フライドチキンの素」。唐辛子、シナモン、花椒を使用したたれは、スパイシーでクセになる美味しさ。鶏肉をこちらのたれにつけてから片栗粉をまぶして揚げると、本格的な台湾フライドチキンが出来上がるそうですよ。

辛さがやみつきになるクラッカー

カルディの「フーイーシェン マーラークラッカー」は花椒やニンニク、玉ねぎなどで味付けした、ピリッと辛い麻辣味のクラッカー。辛さが絶品で、そのまま食べても満足な美味しさのよう。@kitsuneinunoteさん曰く、ビールとの相性も良いそうですよ。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@kitsuneinunote様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:かわぐちさきこ