「髪型に飽きちゃったけれど、ヘアカットはしたくない……」そんなワガママを叶えてくれそうな “ヘアアレンジ” に注目! 一見難しそうなヘアアレンジの中にも、実は簡単でトライしやすいものがあるんです。
今回はサラッとイメチェンしたいという方に向けて、難易度低めのアレンジテクニックをご紹介します。

くしゅくしゅハーフアップでボブに個性を

顎下ラインくらいのボブは、結びづらく毎日同じ印象になりがちですよね。そんな時、「ハーフアップ」なら、全体をまとめる長さが足りない方でも、トライしやすくおすすめです。ハーフアップをおしゃれ見えさせるコツは、カッチリ結びすぎないこと。くしゅくしゅの質感を目指して、あえてボリュームを出すように結んでみましょう。結ぶ前にコテでしっかりと巻いておくと、ニュアンスを出しやすくなります。

巻き付けるだけの紐アレンジがお手軽!

ヘアアレンジがあまり得意でない方も、おしゃれなヘアアクセを取り入れればサマ見えしやすくなります。特に今、SNSでも見かけることが多く話題となっているのが、“紐” を使った一つ結びです。ポニーテールや編み込みにぐるぐると革紐を巻き付けていくだけで、フェミニンさが増し今っぽいスタイリングに。革紐のほか、リボンやワイヤー紐で代用してももちろんOKです!

“ほぐし” テクニックでこなれヘアに

編み込みや三つ編みは、流行に左右されにくい王道のスタイリング。ただし結び方によって、見た目のおしゃれ度が変わってくるので注意しましょう。アーバンな印象を目指したいなら、わざとほぐしてニュアンスを作るのが正解。さらに結ぶ前にワックスをしっかり揉み込んでおくことで、崩れにくくなるので安心できます。ゴムの結び目が見えないよう、余った毛を巻き付けるようにすると、さらにおしゃれ度UPです!

おくれ毛 × ミニお団子で休日モードに

最後はこちら、ミニお団子のスタイリングをご紹介。名前の通り小さく結んだお団子ヘアのことで、ラフな雰囲気が休日のリラックスシーンにぴったりです。サイドや襟足の毛は、あえてピンで止めたりせずに出したままでOK。おくれ毛を出すことによって、フェイスラインや首のラインをうまくカバーしてくれるような効果も期待できます。「寝癖が直らない……」そんなときもこのヘアならバッチリ解決できそうですよ♪

スッキリまとまるヘアアレンジは、イメチェン狙いの日はもちろん、湿気が気になる梅雨シーズンにもおすすめです。ぜひトライしてみてくださいね。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@euphoria_aiki様、@yussy3様、@kanasakikonomi様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

Writer:Anchan