不倫をキッカケに、自滅へと繋がってしまうこともあります。
今回は、知人女性が犯した過ちについてご紹介させていただきます。

芸能界に憧れる19歳

知人女性は、芸能界に強い憧れを持っていました。
大学在学中に、いくつかオーディションを受けて、ついに雑誌の読者モデルになることに成功します。
「ひょっとしたら、ここから本格的にデビューできるかもしれない!」そんな風に、彼女は希望で胸を膨らませていました。

「みんな、やっているよ!」とパパ活を持ち掛けられる。

こうして読者モデルとなった知人女性でしたが、思ったような活躍は出来ませんでした。
理想と現実のギャップに悩む彼女に、仕事先の男性がこんな提案を持ち掛けます。なんと!彼女に自分とパパ活しないかと申し出たのです!オマケに、男性は既婚者でした。
最初は断る知人女性でしたが、男性はしつこく言い寄ります。
「みんな、有名になった娘はやっているよ!それに、俺はコネを持っているから、大きい仕事もあげられるし」この言葉を聞いた途端、彼女は甘い誘惑にほだされ、パパ活することを承諾してしまいます。
どうしても有名になりたかった彼女にとって、その言葉はあまりにも魅惑的だったのです。

目先の快楽に溺れる彼女

こうして知人女性は、パパ活をスタートさせました。高級レストランに連れて行ってもらったり、ちょこちょこプレゼントも贈られたようで、彼女はプチ贅沢を満喫していました。
また、男性が「そのうち良い話をあげるから」と言っていたのを聞き「自分は大丈夫」と安堵していたのでしょう。
他にも美人がたくさんいるモデル業界にて、知人女性は不安を埋めようと無意識に楽な方向へ流されてしまったのです。

不倫が発覚して、全てを失う

今まで、散々良い思いをしてきたツケが回ってきたのでしょう。
パパ活が、男性の奥さんにバレてしまい、彼女は慰謝料を請求されることとなります。
また、男性は「コネを持っている」「俺には金がある」などと言っていましたが、それも全て嘘だったことが発覚しました。実際には、男性にはコネもありませんし、彼女を連れて行った高級レストランの代金も全て経費で落としていたというから呆れてしまいます。
こうして、知人女性は雑誌の読者モデルを辞めることとなりました。既に彼女は21歳になっていて、また別のオーディションをいくつも受けましたが、悪評が広まってしまったこともあって、どこも書類落ちという結果です。
他力本願ではなく、自力で努力し続けていれば、もっと違う未来があったかもしれません。

ftnコラムニスト:六条京子