見た目にも性格にも問題はないのに、たった1つの問題点で100年の恋も冷めてしまうことってありますよね。今回はそんな「恋人候補から外れてしまった惜しい男たち」について、筆者の知人女性たちからエピソードを聞いてみました!

漢字が読めない彼にドン引き

「合コンで知り合った彼。私好みの塩顔でノリも良かったので、後日また遊ぼうと連絡先を交換したのですが、これが間違いだった…!何回かやりとりをしたんだけど、誤字・脱字がとにかく多い。最初は『慌てて文章を打っているのかな?』と思って突っ込まなかったけど、どうやら漢字が読めなかったようで、1回1回調べながら文章を打っていたらしい。いや、小学校で習う漢字も読めないとか…。さすがに学がなさすぎて、そのまま会わずにフェードアウトしたよね。(30代・女性)」

---これ、実は話を聞いた時に当時のLINEのやりとりを少し見せてもらったのですが、まあひどかったです。想像を遥かに超えてました。もう返信ほとんど平仮名みたいな。勉強ができないにしても、やはり最低限の知識は身につけておいてほしいものです。

私服がダサすぎてごめんなさい

「同じ会社で働いていた男性といい雰囲気になり、デートをすることになったのですが、いざ待ち合わせ場所に来てみると、そこにはとんでもなくダサい私服の彼が。意識高い系を目指しているんだろうけど、それが裏目に出てダサくなっちゃってる感じ。一緒に歩くのが恥ずかしかったので、用事ができたことにしてその日は早めに解散しました…。(30代・女性)」

---ファッションに無頓着でダサいというのであればまだ良かったものの、1つ1つのアイテムにこだわった上でダサかったため、結局このデートで男性とは疎遠になってしまったのだとか。とはいえ、会社の同僚ということもあり、しばらくお互い気まずい思いをしたそうです。

冬季限定しか付き合えそうにありません…

「仲の良いグループで海に行った時のこと。当時、そのグループに好きな人がいて、タイミングを見計らって告白しようと思っていたんです。でも、海に行った日に彼の水着姿を見て、その気持ちが一気に冷めてしまいました。というのも、彼の体毛が異常に濃かったんです!本人いわく、髭はそんなに生えてこないんだけど、胸毛やお腹周りの毛は人並み以上に生えやすいらしく…。どんなにイケメンでも体毛が濃い人だけは本当に無理だったので、告白する前に真実を知れて良かったです(笑)(20代・女性)」

---筆者も全くといって同じタイプなので、この話はかなり盛り上がりました。そうなんですよ、どんなにイケメンでも許せないことってあるんですよ。みなさんにも「これだけはどうしても無理!」っていうのがありますよね?ね???

直せばいい話なんだけど…

どのエピソードも「え、そんなことで?」「そんなの彼に直してもらえばいいじゃん!」といった内容ばかりでしたね。

でも、それができたら苦労はしないんですよ…。既に付き合っているのであれば話は別ですが、やはり彼氏でもない男性に「ここ直した方がいいよ」というのはなかなか勇気がいるもの。それを伝える労力を考えると、諦めてしまう気持ちもわからなくはありませんよね。

逆にそういった労力を踏まえてでも好き!と言えるような相手なら、何があっても絶対うまくいくはずです♡

ftnコラムニスト:なべび