ファッションライター・エディター、さらにはスタイリングもこなし、読者の悩みにも答えてきた高橋奈央さん。そんな彼女が、いま大人の女性にオススメしたい、本当に良いモノ・着こなしをご紹介する連載企画が始まります。第1回目は、「大人のためのデニム特集」です。

いま大人が履くべきデニム

リモート生活が長引き、楽チンスタイルが定着したという人、増えましたよね。やっと少しずつお出かけ気分が盛り上がってきたけれど、さて何を着ようかなと困ったときの〝デニム〟。そろそろ新調のタイミングでは。2022年の春夏はとにかく優秀なデニムがたくさん出ています。デニムは形が決まった定番品だからこそ、自身の変化、そしてトレンドが敏感に反映するアイテム。定期的なアップデートが大事です。続くリモート生活にも、会社やお出かけにも使えるもの、そんな大人に見合うものをさっそく紹介していきましょう!

神丈の〝9.5丈〟が登場!足元を選ばず
シーンレスで活躍する美脚見えデニム

「履いたそばから今っぽくなる」と定評のあるレッドカード トーキョーのインディゴカラー。濃い色は細見えするのは確かで、さらにテーパードのスッキリシルエットが大人の体型をキレイに魅せてくれます。この形のために作られたというハイパーストレッチ素材で、動きが制限されないフィット感が魅力。ポケット部分、裾の擦れなども見事に再現できていて、ひとことでいうとデニムマイスターに見える1本。さらに注目すべきは上品に履ける〝9.5丈〟。この丈は神丈で、パンプスやサンダル、スニーカーとすべてと相性が良く、着回しにおいては右に出るものなしです。

お肉を拾わず脚長効果大の優秀さ
ご近所からお仕事まで着回せる

意外と多い「膝下が太いんです」というお悩み。ふくらはぎの張りや浮腫みで膝下が気になりテーパードシルエットが苦手、悪目立ちしちゃう!という人にはこちらのストレ―トシルエットがオススメ。腰周り、モモ周りはスッキリしてレッドカード トーキョー特有の良さが出ています。膝下のお肉も拾いにくいシルエット。

お腹もお尻も膝下も全方位キレイに見える、隠れたヒット作と言われる銘品だそう。個人的感想ですが、テーパード寄りのストレ―トラインなので、ストレ―トが苦手という人もこれはいけるのでは。ジャケット合わせなどお仕事シーンにも馴染みやすいのと、くるぶしぐらいの丈で合わせておけばヒールからブーツまで合わせやすいので一年中使えそう。

銅色がブレンドされた「アンバー」と深めライズが今年らしい

よく見ると銅色が隠し味となったアンバーというカラーは、コーディネートがモノトーンに転びがちなグレーデニムより大人が履きやすい色と認定。冒険とまでいかないのですが新鮮で、トップスも白、黒、ネイビーなどの定番からベージュ、ピンクまで、何色がきてもしっくりきます。世にいう「ハイライズ」の不安を払拭する、お腹やお尻が窮屈にならない設計が嬉しい。ライズが深いと(あえて「深ライズ」と言わせてもらいますが)座ったときに背中が出たり、トップスの裾がぐちゃぐちゃと漏れ出たりしないのがいいところ。動いていてもキレイな履きこなしができるのです。それと着こなしのバランスが旬にさせたいなら短丈トップス。お腹とお尻がちょっと隠れるぐらいのものが体型もカバーできて良いと思います。

2022春のデニムの注目はウエストゴム入りタイプ
楽だけど本気デニム見えする!が新しい

ここからは、まとめてこの春、マストバイな「ゴム入りデニム3選」をご紹介。これまでのゴム入りデニムって、レギンスのような楽さとスエットのような使い道……でしたが、今年はきちんと本気のデニム感があってウエストにゴムが入っているという、いいとこどりのものが出揃いました。

お値段的にも高すぎず安すぎずベストプライス。バッグゴムで後ろだけにゴムが入っており、前から見るとキレイめテーパード。座り仕事が長いオフィスシーンにも向いているし、立ったり座ったりする動きの多いシーンでもお腹周りの苦しさを感じにくく、トップスを前だけインする着こなしだとゴム入りがバレません(笑)。シェーディングのニュアンスも履きこなしている感じが出ていて、本気度高くきちんと感もあるのでヘビロテ確約間違いなしです。

太めで裾に向かって絞られているシルエット。リラックスしたムードがこなれて見える1本。両サイドにゴムが入っている珍しいタイプで、たっぷりした感じから生まれがちな〝ほっこり感〟がないのがこちらの特徴。Tシャツやシャツをアウトしてゆるっと合わせたり、ピッタリしたシルエットのトップスをインして合わせたり、甘めのものともバランスが取りやすい。コーディネートバリエが広く展開できる1本です。

ウエスト全周ゴムでワイドなシルエットの最強楽ちんデニム。ややもするとパジャマ見えしそうですが、そうならない理由は随所に散りばめられたこだわりにあります。文句なしのシェーディングは、モモ、脚の付け根、お尻と何年も履きこなしてきたかのような仕上がり、後ろから見てもポケット位置高めでヒップが高く見えるギミック、本気度に手を抜くことなくボタン、縫い糸までこだわりが感じられ、ワイドのズドンとした重さも感じさせないのでスニーカーやサンダル合わせのデイリー使いにピッタリです。

※価格はすべて税込みです。

取材協力・出典/ゲストリスト

取材/高橋奈央

【プロフィール】

高橋奈央

出版社、大手広告代理店を経て、フリーライターに。書籍、女性ファッション誌に関わり約15年。主に、ファッション、ビューティ、ヘア、グルメ、旅とライフスタイル全般などの取材記事執筆と撮影ディレクション担当。リアルなファッション悩みとトレンドを盛り込んだ提案にモデルや同年代女性からの信頼を集める。