普段とは違うその人の姿を垣間見ることができるのもLINEの特徴です。LINEのやりとりで「こんな人だとは思わなかった」と愕然とした経験を持つ人も少なくないのではないでしょうか?今回は女友達から来たゾッとするLINEのエピソードを、筆者の友人たちに聞いてきました!

厳しすぎるチェック

「女友達とLINEしてる最中、既読をつけてから返信するまでに3時間ほどかかってしまい、『バタバタしてて返信遅くなってごめんね〜』と送ったら、『でもSNSは更新してたじゃん。なのにLINEは返信してくれないんだね(笑)』と返ってきてドン引き。この女友達はいつも彼氏に重いと言われて振られるんだけど、思わず『そういうとこやぞ?!』と言いそうになった……」

文末に“(笑)”がついてるけど余計に恐怖が増すやつ〜!女友達にもこれほどの粘着っぷりなら、彼氏はさぞかし怖い思いをしたことでしょう…。

恐怖の女社会

「結構仲がいいと思ってた女友達に悩み事をLINEしてたんだけど、途中で『どうしようめっちゃ頼りにされてるんだけどwこのグループのこと知ったら泣くんじゃない?』と返信が来た。相手からはすぐに弁解のLINEが来たけど、私以外の女友達とやってるLINEグループに送るはずの文章を誤爆してしまったのがバレバレ。私の知らないところで悪口を言ったり悩み事をネタにして笑ったりしてるんだろうなぁと一瞬で分かってしまってゾッとした」

うわぁ……これは陰湿!むしろこれ以上仲良くなる前に誤爆で化けの皮が剥がれて良かったのかもしれませんが、トラウマ級ですよね。

メンヘラ女子からの深夜LINE

「ふとしたことからメンヘラ気質の女子に懐かれて、一時期すごく依存されてた。最初は真剣に受け答えしていたけど、深夜に『本当の私のことを分かってくれるのは○○ちゃんだけ。○○ちゃんがいないと生きてる意味を見出せない』とか『返信ないけどもしかして他の友達といる?無視しないで……』とか重すぎるLINEが届くようになり、さすがに受け止める自信がなくて離れた」

女友達なのにまるで恋人同士かのような束縛LINEも返信に困りますよね。急に突き放すと何をしでかすか分からない恐怖もあるため、なかなかスルーしづらいのも難点です。

まとめ

男性には分からない女同士の闇って結構たくさんありますよね……。相談に乗ってもらったり悩みを打ち明けあったり、女同士だからこそできるLINEもたくさんありますが、女同士だからこそドン引きしたりゾッとしてしまったりすることがあるのも確かです。

ftnコラムニスト:藍沢ゆきの