性癖は人それぞれですし、個人で楽しむ分にはノープロブレムです。
しかし、それでパートナーを傷つけるようになってしまったら大問題でしょう。
今回は、知人女性の恐怖体験についてお話します!

優しい彼氏と同棲スタート!

知人女性は、彼氏と一緒にマンションにて同棲し始めました。
彼氏は優しい男性で、性格も非常に真面目だったといいます。2人の仲は良好そのもので、彼女は結婚を前提に考えていました。

謎の腹痛

2人の同棲生活は、とても順調に進んでいました。そう、ただ1つ。知人女性が、よく腹痛に悩まされるという点を除いて。
新居であるマンションに移り住んでから、彼女はかなりの頻度で腹痛を訴えていました。その度に彼氏は面倒臭がらずに、優しく介抱してくれたといいます。
「やっぱり、この人を選んで良かった」と幸福に浸る彼女でしたが、後日、恐ろしい事実が発覚します。

違和感を抱き、監視カメラを仕掛ける

後日、知人女性は、友人にお土産で貰ったマーマレードでパンを食べました。瓶に入った物ではなく、完全個包装のマーマレードです。
パン好きな彼女は、普段はブルーベリージャムをパンに塗っているので、新鮮な気持ちでお土産を味わえたそうです。
そこで知人女性は、1つの変化に気が付きます。ブルーベリージャムでなく、マーマレードでパンを食べるようになってから、全く腹痛が起こらないのです。
そこで彼女の中に1つの疑惑が生まれます。それを解明するためにも、彼女はキッチンにこっそり監視カメラを仕掛けてみました。

彼氏の本性に絶句...

カメラをチェックすると、そこにはとんでもないものが映っていました。
なんと!彼氏が、ブルーベリージャムの瓶に何かを仕込んでいたのです!翌日、ゴミ箱を漁った結果、その正体が下剤だったことが判明します。
映像を突きつけて、彼女が問い詰めると、彼氏は恐ろしい告白をしました。
「実は俺、女性が痛がったり苦しんでいる姿を見るのが好きなんだ。いけないことだとは分かっていたけれど、君のことが好きだから、つい...」
これを聞いて、知人女性は、真っ青になりました。それはそうでしょう、女性の痛がる様を見て興奮するなんて、異常にも程があります。
もう、この人とは一緒にいられないと悟り、彼女はすぐに同居解消しました。
せめて結婚前に本性が分かったのが、不幸中の幸いと言えるでしょう。

ftnコラムニスト:六条京子