思いがけないところから、不倫が発覚してしまうケースは多々あるようです。
今回は、筆者の近所であった不倫バレエピソードをお届けします!

犬を飼い始めたご近所さん

ご近所に住む40代の夫婦が、ペットの柴犬を飼い始めました。2人の間には子どもがいないこともあって、愛情を注ぐ存在が欲しかったそうです。
時々、ご主人が柴犬を散歩している姿を見て「可愛いなぁ」と筆者も癒されていました。

散歩も兼ねてダイエット

そんなある日、奥さんにバッタリ会いました。奥さんを見たのは久々でしたが、以前より痩せてスタイルがよくなっていました。
奥さん曰く「犬の散歩で長時間歩いているから、良いダイエットになったのよ!」とのことです。
それを聞いて感心する筆者でしたが、同時に疑問も浮かび上がりました。「散歩で長時間歩く」という割には実際のところご近所さん全員、奥さんとイヌが散歩しているところを見かけたことはなかったのです。どういうことかは、後に分かりました。

犬だけが家に帰って来て、不信感を抱く

ある日の休日。犬の散歩に行くと伝え、奥さんは出かけたそうです。旦那さんはその間、家にいました。
奥さんが散歩に行って数十分後。急に、犬がリードを付けて自宅の旦那さんの元へ走ってきました。散歩していたハズの奥さんの姿を探す旦那さんでしたが、どこにも彼女の姿はありません。
不信感を抱いて、奥さんに電話する旦那さんでしたが、何度掛けても電話は繋がりませんでした。

問い詰められて、事実を告白!

それから1時間後。焦った奥さんが電話を掛けてきましたが、旦那さんはすぐに彼女を問い詰めます。
「犬1匹で帰って来たけれど、お前はその間一体、何をしていたんだ!何回、電話しても繋がらないし、犬に何かあったらどうするつもりだったんだ!」
最初は、誤魔化そうとする奥さんでしたが、遂に観念して事実を告白しました。
なんと!奥さんは、近所の青年と不倫していて、彼の家で2人で過ごしていたというのです!その間、犬は庭に繋いでおいたために、逃げ出したことにしばらく気が付かなかったとか。
これを聞いて、旦那さんはカンカンに怒りました。それはそうでしょう。下手したら、犬が事故にあっていたかもしれないのですから。
奥さんが散歩していたというのは大嘘で、実際は不倫に溺れていただけでした。
こうして、彼女は旦那さんに離婚を突きつけられ、現在は家族にも見放されてしまったようです。
これも、ペットを不倫のダシに使った因果応報でしょう。

ftnコラムニスト:六条京子