人生100年時代、老後破産は他人事ではありません。
今回は老後破産のエピソードについてfuelle編集部が取材しました。

多額の保険金が入り小金持ちになった祖母

3年ほど前に亡くなった祖母の事です。
一人暮らしの祖母は、毎日ヘルパーさんが訪問介護で来てくれながら、自分のお城のような家で自由きままに暮していました。

祖母の娘(私の母)が1997年に病気で亡くなった際、母にかけられていた多額の保険金が祖母に入り、銀行が訪問してくれるような小金持ちとなった祖母でした。

しかし、母が亡くなってから、今まで持ったことのないようなお金が舞い込んできて嬉しくなったのか、興奮したのかわかりませんが、妹の義理の両親を海外旅行に案内したり、高額な金銀、宝石、同じような形の多数の靴、服、ヘルパーさんにプレゼントするためのマンゴーなどの果物,化粧品、本など、あらゆるものを購入する為に、2018年までにほとんどの貯金を使い果たしてしまいました。

大盤振る舞いをしてしまった祖母は

本来ですと、ヘルパーさんは、お金を下ろす事は行ってはいけない行為のはずですし、祖母から物品をもらってはいけない決まりがあるはずですが、そのヘルパーステーションは、祖母から頼まれたお金を下ろす行為を繰り返したのです。

その結果、親族が知らない間に、高額な母の死亡時に入った保険金がなくなるばかりか、ついに自己破産ギリギリまで追い込まれてしまったのです。

恐ろしくなり、祖母の金銭管理を成年後見人に依頼する手続きを取ると、承認されたことで、成年後見人の弁護士が全ての祖母の金銭管理をしてくれるようになりました。間一髪で自己破産を免れる事ができたことは、今でも感謝しかありません。

祖母の自己破産直前の状態から、国の成年後見人による金銭管理が行われる制度により救われましたが、成年後見人による金銭管理が行われなかったとすると、あの後どうなっていたのか想像すると恐ろしくなります。

(50代・女性)
今回は、意外に身近な老後破産のエピソードについてまとめました。
資産運用をして老後に備えることが大事です。
文・fuelle編集部