東京都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に、異様な雰囲気が漂い始めた。立憲民主党の蓮舫参院議員(56)は27日の出馬会見で、現職の小池百合子知事(71)の「学歴疑惑」や「公約達成」などを取り上げ、徹底的に攻撃したのだ。小池氏は定例都議会が開会する29日にも出馬表明するとみられるが、売られたケンカは無視できない。蓮舫氏の「二重国籍」問題などを蒸し返す可能性がある。首都決戦は、前代未聞の潰し合い、殲滅(せんめつ)戦となるのか。

「自民党政治の延命に手を貸す小池都政をリセットする先頭に立つ。古い政治と決別し、本当に必要な政策に予算を振り向ける」

蓮舫氏は27日、記者会見でこう語った。

さらに、月刊「文芸春秋」5月号に掲載された、小池氏の学歴疑惑について、「(記事は)高い信憑(しんぴょう)性がある」「選挙に出るならば、当然プロフィルも含めてご本人が説明しなければいけない」と断言した。

小池氏の8年間の都政についても、「『12のゼロ』も公約として掲げていた」「介護離職、残業、都電の電柱(新設)、多摩格差、満員電車…。どれもゼロになっていない」「その代わり、突然思いついたような政策ばかりが印象に残っている」と酷評した。

超攻撃的な出馬会見について、蓮舫氏の「二重国籍」問題を2016年に最初に追及した評論家の八幡和郎氏は「蓮舫氏らしい、相手にケンカを売る戦法だ。都知事選でも、小池氏のネガティブキャンペーンを展開するつもりだろう。小池氏も応戦した方がいい。民主党政権時代も含め、蓮舫氏には非常に問題が多い。支援政党など、周囲を巻き込んだ壮絶な選挙戦もあり得る。都民が、小池氏の『学歴問題』と、蓮舫氏の『国籍問題』のどちらを重視するか見ものだ」と語った。

蓮舫氏は無所属で出馬する。現時点で、立憲民主党と共産党が支援する方針だ。一方、小池氏には、特別顧問を務める都民ファーストの会のほか、独自候補擁立を見送る方向の自民党と、都議会で小池氏と協調路線を取る公明党が支援する可能性がある。

このほか、都知事選には、広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)ら20人以上が立候補の意向を表明している。

荻原博子氏「『七夕の女の戦い』で舞台整った」

女傑2人の戦いをどう見るか。

経済ジャーナリストの荻原博子氏は「蓮舫氏が追及姿勢を強めている。小池氏は前回選挙は守りで通したが、危機になると攻めに出てくる。2人ともキャスター出身で、語りもうまいだけにお互いに舌鋒鋭くネガティブキャンペーンを展開する可能性がある。『七夕の女の戦い』として舞台は整った。面白い展開になりそうだ」と語った。