大神いずみさんは、元読売巨人軍の元木大介さんの妻であり、2人の球児の母でもある。苦しいダイエットをしている最中に、長男が大阪の高校で野球をやるため受験、送り出すという決断をしている。夢と希望にあふれてスタートした高校生活はコロナや怪我で波乱万丈。そしてこの夏で引退を迎えた。球児の母として伴走する大神さんが、この2年を振り返る。

* * * * * * *

前回「野球選手の家族として、怪我と病気が一番怖い。丈夫な体を作る食事を作り、1日でも多く野球のできる体でいてほしい」はこちら

「長ネギ3本¥238」という衝撃

いつものようにスーパーに買い物に行って、
「長ネギ3本¥238」という衝撃に思わず声を上げたあと、はうっと息を呑んでしまった。
そこは最近までいくらなんでも「¥198」止まりではなかったか!?

冬によく家族で囲む「みぞれ鍋」。ごま油にショウガ・にんにく・ザーサイのみじん切りを熱して太い大根を2本くらい全部すりおろしてジャーっと入れる。熱々に沸いた中に薄切り豚バラ肉とレタスをしゃぶしゃぶしてポン酢でいただく、我が家の定番鍋だ。

なのに大根一本、「¥350」とは!!?

頼れるキノコも、同じ値段で量が少ない。
よぉく見たら肉や魚もうっすら値上げ。
卵だって前より¥100近く上がっている。
ジワジワと調味料だって値上げが止まらない。学生時代から買い置きで頼りにしていたインスタント麺ですら…いつの間にこんなに高くなったんだろう。

我が家は今3人家族で、ひと月に米10キロ強を食べている計算だ。
夫の実家でむかし食べ盛りの頃、家焼肉には2キロの肉を買っていたと聞いていたが、まさに!いま我が家がそれだ。普段瑛介だけに用意する夕食でも、300〜400gの肉を用意することがある。でもまだこれは少ない方だと先輩母から言われている。
もうすぐもう一人大阪から帰ってくるし…。
食べ盛り男子のいる家庭のエンゲル係数は、この先も天高く高く上昇するのみ。見上げる首がもう痛い。

また値上げ〜と甘んじて受け入れていた物価高が、痛めた懐に本当にヒリヒリと感じ始めている。人が何と言おうと、我が家も痛い。

泣きながら大根をすりおろす背中も丸まって…
寒い。あ、この冬の暖房費もどうなってしまうのか。
もう、お金の勘定がコワイ。


先日の試合の球場裏。あっという間に秋景色ですね