2024年2月23日の『A-Studio+』に俳優の磯村勇斗さんが登場。地元の親友や大学の同級生、そしてSnowMan 深澤辰哉さんへのインタビューから、磯村さんの素顔に迫ります。今回は役者としての原点や、30代のプランを語った、2021年12月14日号の記事を再配信します。 ****** 『仮面ライダー』への出演で注目を集め、朝ドラ『ひよっこ』でブレイク。以来、人気漫画の実写版『今日から俺は!!』の不良の高校生・相良猛から、大河ドラマ『晴天を衝け』の将軍・徳川家茂まで、幅広い作品でその存在感を印象付けている磯村勇斗さん。役者としての原点は――(撮影=小林ばく 構成=上田恵子)

* * * * * * *

すべて舞台で教わった

この2年間で、考え方や気持ちにかなりの変化がありました。コロナ禍という非常事態を過ごすことで、自分の中で、「いいもの」と「悪いもの」、「いるもの」と「いらないもの」が明確になった気がするのです。人間関係にしても、「あっ、この人とは単なる仕事だけの付き合いだったんだな」と気づいてしまったり……。

たぶん、そうやって淘汰するのはいいことなんでしょうね。寂しさもありますが、結果として良質なものだけが残ることになるから。今は自分にとって本当に大切なもの、必要なものが見えやすい時代になってきていると思うので、これからも自身の五感を大事にしつつ取捨選択をしていきたいです。

現在29歳。出身は静岡県沼津市で、高校時代から地元の劇団に所属して舞台に立っていました。大学進学を機に上京し、芸能事務所には所属せず、数年間フリーランスの俳優として小劇場を回っていました。

沼津の劇団と小劇場で学んだことが僕の俳優としての核になっていることは間違いなく、芝居をするうえでの心持ちや向き合い方は、すべて舞台で教わったと思っています。

当時を振り返って「あの時こうしておけば」と思うことがあるとしたら、映像の仕事にも触れておくべきだった、ということでしょうか。なにしろ舞台しか知らなかったので、ドラマの仕事を始めた時は表現の仕方の違いに戸惑いました。もちろん根底にある芝居心の部分は一緒なんですが、もっとバランスよく学んでおけばよかったなあと思います。