NHK連続テレビ小説『おちょやん』で、杉咲花さんが演じる主人公・千代のモデルは、名優・浪花千栄子だ。今週は、夫・一平(演・成田凌)が同じ劇団の若手女優と浮気し、妊娠させたことが発覚。その物語の行く末に注目が集まっている。ところが、浪花千栄子の夫の破天荒ぶりは、ドラマよりひどかったらしい。離婚から10年後の昭和36年、『婦人公論』の鼎談「座談会 上方おんな愛憎廻り舞台」にて、浪花千栄子自身が赤裸々に語っている。

* * * * * * *

浪花千栄子、森光子、菊田一夫の豪華座談会

座談会「上方おんな愛憎廻り舞台」は、昭和36(1961)年8月号に掲載された。登壇者は、浪花千栄子(当時54歳)、森光子(41歳)、劇作家・菊田一夫(53歳)という豪華な面々。記事の狙いは

「夫渋谷天外との20年の結婚生活にみじめな終末を見ながら、不死鳥のように甦った浪花千栄子、長い人生遍歴の末に岡本プロデューサーとの結婚生活にゴールインした森光子、人間追求の作家菊田一夫ーー上方育ちの3氏が語りあう紆余曲折の体験的人生論」

とある。なかなか意欲的な座談会である。

座談会の初めから、千栄子は「男性にひどい目にあったのは、私が恐らく第一人者ではないかな」と自嘲する。昭和5年に結婚した夫・2代目渋谷天外は松竹新喜劇を立ち上げ、館直志(たてなおし)というペンネームで脚本も多数手がける劇作家だった。

「うちの場合は、〔編集部注・浮気相手が〕何十人という経験者ですから、何十人どころじゃない、20年近い夫婦生活で100人近う、次々かわってます。戦争になって、いよいよ日本がだめだという時になって、はじめて夫婦らしい生活ができるようになったんです。アッツ島玉砕〔1943年〕ではじめてうちへお金を持って帰って来たんですから」(「上方おんな愛憎廻り舞台」)

しかし、同居を始めると、今度は借金取りに悩まされる。一度いくら借金があるのか聞いたところ、当時120円しか給料をもらっていない時代に、3600円だったという。

「足がガタガタふるえました。それをなんとかわたしが苦面(原文ママ)して払わなければなりません。あの人に言ったところで、『おなごに金入れんならんさかい、うちに持って帰る金ないぞ』言うて……」(同)