新型コロナウイルスによる肺炎が重症化したタレントの野々村真さん。7日間の自宅療養を経て入院し、一時はICU(集中治療室)に。死を覚悟した瞬間もあったという約1ヵ月に及ぶ闘病生活を、妻・俊恵さんと一緒に振り返ります(構成=上田恵子 撮影=言美歩)

* * * * * * *

ワクチン接種の2日前に感染

真 退院から1ヵ月。おかげさまで、退院直後のやつれた感じは、だいぶなくなりました。

俊恵 退院したばかりの頃は、犬の散歩で200m歩いただけで疲れて引き返してくるし、お米5kgを持つのも一苦労。家族の中で一番非力になっちゃったけど、それでもずいぶん元気になったと思います。

真 肺の機能が戻りきっていないから、動きすぎると疲れるけどね。僕の肺は今、まだ完全には酸素を吸えてない状態なんだって。

俊恵 呼吸器の機能と全身の筋力の回復のために、病院でもらったガイドに沿って毎日エクササイズをしているのよね。

真 唯一の救いは、ご飯が美味しく食べられること。まだ舌の上に膜が一枚ある感じだけど、かなり味覚が戻ってきた。

俊恵 パパが発症したのは7月30日の夜だったね。

真 仕事の関係者に感染者が出て、僕も30日にPCR検査を受けたら陽性。仕事のスケジュールの都合でワクチンを打てていなくて、8月1日に予約を入れていたのに、あと2日というところで感染してしまったんです。

俊恵 私も8月中旬に予約を入れていたから、その時点では未接種。パパはその日、リモートで19時までテレビに生出演していて……。

真 生放送が終わった頃にPCR検査の結果が出て、感染がわかった。

俊恵 マネジャーさんいわく、軽い咳払いをしているという話だったのが、夜になって40度近い熱が出た。幸いだったのが、私はずっと地方の大学に通っている長男のところに行っていて、その夜に帰ってきたので、パパと接触する機会がなかったということ。私は濃厚接触者に該当したけれど、PCR検査を受けて陰性だった。

真 うつらなくて、本当によかったよ。