『婦人公論』(12月14日号)の料理連載「ヘルシーキッチン」では、「本みりんで味がきまる今どきのおせち」を特集! そろそろお正月の支度に思いを巡らす時期。現代的なアレンジを加えたお洒落なおせち料理はいかがですか。気軽に作れて味わい深い、本みりんを使った美味レシピを料理研究家の井原裕子さんに習います(撮影=石井宏明 スタイリング・構成=野澤幸代 取材協力=角谷文治郎商店)

* * * * * * *

ごぼうのみりんバルサミコマリネ

少ない油でじっくり揚げ焼きにして、発酵調味料3種の味をからめます

■《 材料(4人分) 》

・ごぼう…1本(200g)
・ピンクペッパー…少々
・オリーブ油…適宜

A
 本みりん…大さじ2
 バルサミコ酢…大さじ2
 醤油…大さじ1

■《 作り方 》

(1)ごぼうは皮をこそげて6cm長さに切り、四つ割りにして水にさらし、水気をよくきる。

(2)フライパンにごぼうを入れ、底を覆う程度のオリーブ油を加えて中火にかける。油が熱くなったら、火を弱めて4 〜5分揚げた後、火を強めて2〜3分揚げて取り出す。火を止めて油をあける。

(3)(2)のフライパンにA、揚げたごぼうを入れて中火にかけ、からめながら汁がとろりとするまで煮詰める。

(4)器に盛り、ピンクペッパーを散らす。