ユーチューブ公式チャンネルが、登録者数149万人を突破。シンプルで簡単な美味しい家庭料理が人気の料理研究家・コウケンテツさん。そんなコウさんでも、《料理がしんどい》と感じることがあると話します。毎日の料理にコウさんのレシピを役立てている酒井順子さんとともに、《料理がしんどい》の背景にあるものを深掘りしました(構成=山田真理 撮影=洞澤佐智子)

* * * * * * *

料理研究家も料理がしんどい時がある

酒井 お料理ユーチューブ、いつも楽しく拝見しています!

コウ ありがとうございます! 今、いちばん嬉しい言葉です。

酒井 テレビや雑誌で大活躍のコウさんが、2020年のコロナ下に動画配信を始めようと思ったきっかけは何だったのでしょう。

コウ 当時、仕事でも家庭でも、料理に対して《しんどい》という気持ちがピークに達していたんです。仕事でいうと、料理研究家はいかに多くのレシピを生み出すかを問われるのですが、その量の膨大さに心身ともに疲弊してしまっていたのかもしれません。テレビや雑誌だと、レシピへの感想が自分のもとへ届きづらいことにも寂しさを感じていて。

酒井 3人のお子さんの父でもあるコウさんは、家族のためにも料理を作っていらっしゃいますね。

コウ それも大きな喜びではあるのですが、仕事や家族が増えるなかで、常にキャパオーバー状態で。家族の食事を作り続けることにも、どこか追い詰められていたと思います。そうした気持ちをママ友やパパ友に打ち明けると、「うちも同じだ」と。

特にコロナ下で、朝昼晩と家族全員が家で食事をするという状況になった時、「毎食の用意が大変すぎるから、観て、すぐ作れるようなレシピがほしい」という切迫した声が集まりました。それならば、動画でレシピを配信してみようと思ったのです。