小栗旬さん演じる北条義時、大泉洋さん演じる源頼朝ら、権力の座を巡る武士たちの駆け引きが三谷幸喜さんの脚本で巧みに描かれるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(総合、日曜午後8時ほか)。9月25日放送の第37回「オンベレブンビンバ」では、父・時政と向き合う新体制を始動させた政子と義時でしたが、時政を蚊帳の外に置かれて憤慨するりくは娘婿・平賀朝雅を担ぐことを画策。三浦義村を誘い、反撃ののろしを…といった内容が展開しました。 一方、歴史研究者で東大史料編纂所教授・本郷和人先生が気になるあのシーンをプレイバック、解説するのが本連載。第7回は「北条時政」について。この連載を読めばドラマがさらに楽しくなること間違いなし!

* * * * * * *

坂東彌十郎さん演じる北条時政について

今回は北条時政について、述べていきたいと思います。

しかし坂東彌十郎さん、実に魅力的ですよねえ。毎回その演技に圧倒されます。

あくまでテレビドラマとしては、これまであまりお見かけした覚えがなかったのですが、こうした名優がいらっしゃるのもまさに伝統の歌舞伎界、といったところなのでしょうか。あらためて今回の大河ドラマでの役どころを見るに、義時・政子と肩を並べる、もう一人の主人公と言えるかもしれません。

そういえば彌十郎さん、千代田区立麹町小学校に通われていたんですね。ぼくの先輩なんだな。四つ年上ということは、運動会や遊び時間に校庭でお見かけしたことがあるのか。ふむふむ。

閑話休題。さて、北条時政という武士について、ぼくは長くイメージが持てませんでした。それが最近やっと、ああ、こんな人なんじゃないかな、と理解できるようになったので、書いていきましょう。