黒島結菜さんがヒロイン・比嘉暢子を演じたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」。沖縄本土復帰50年の今年、料理人の夢を追う暢子とそのきょうだいを中心に、家族の絆を描きました。今連載では、漫画家でイラストレーターのタテノカズヒロさんが過去の放映回から印象に残ったシーンとともにドラマを振り返ります。今回は最終週「やんばる!ちむどんどん!」について。

* * * * * * *

最終週「やんばる!ちむどんどん!」ふりかえり

暢子が沖縄やんばるに移住してから、毎日の畑仕事が楽しくてたまらない。和彦も、健彦もここでの暮らしを満喫、歌子は無事に智と結婚した。

暢子はさらに、地元野菜などを生かして、やんばるで食堂を開きたいと思いつく。

そんな中、東京からフォンターナのオーナー・房子が。房子の用件は意外なもので…。そして順調に見えた比嘉家に、思いもしなかった大きなわざわいが…。

といった話が展開した最終週。タテノさんの注目したポイントは?