早くも「おせち商戦」 百貨店に特設売り場

早くも「おせち商戦」 百貨店に特設売り場

 西武福井店(福井県福井市)は10月18日、おせち料理の予約特設売り場を新館地下1階に開設した。紅白かまぼこやアワビ、カズノコ、エビなどが入った豪華なお重の見本がずらり。クリスマスケーキの予約も同時に始まり、早くも年末年始商戦に突入した。

 福井店のオリジナルおせちや北陸、関西、関東の有名店から取り寄せる商品など和風、洋風の139種類を用意。県内の料亭やホテル、レストランなどが作った「福井のおせち」が例年好まれており、今年は33種類をそろえた。

 2〜3人前、3〜4人前のお重が中心で、価格は1万5千円〜3万円。関西の有名料亭の「懐石おせち」が最高額の税込み16万2千円。高齢夫婦や単身向けの個食、少量型の品ぞろえも豊富で、すき焼きセット、迎春すしなどもある。

 おせちは基本的に軽減税率の対象となり、福井店は消費増税の影響もないとみて、売り上げ目標は前年比2%増を掲げた。担当者は「福井のお客さまは、そごう・西武の他店と比べて地元食材への志向が強い。家族みんなで食べやすい平重(一段重)の人気が高いのも特徴」と話した。

 クリスマスケーキは、県内の人気パティシエ7人によるスイーツカップの詰め合わせなど46種類。予約の受け付けは、おせちが12月25日まで、クリスマスケーキが同20日まで。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福井新聞の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る